動画爆愛語り

テーマで観る

追悼・俳優語り[夏八木勲]…スクリーンで男を演じ続けた映画俳優

夏八木勲は数多の作品の中で、“梁のごとき働き”を見せてきた。どんなシーン、シチュエーションでも見事なしなりを発揮し、ドラマという建築物を安定させ、作り手たちの思いを立体的にカタチにした。なつやぎいさお:俳優、男優、役者、バイプレーヤー、改名前:夏木勲
2020.06.01
テーマで観る

角川映画の繁盛期と、常連俳優・夏八木勲

角川映画を、常連、バイプレーヤー夏八木勲とともにざざざっと振り返るレビュー!『人間の証明』『野生の証明』『戦国自衛隊』『悪魔が来たりて笛を吹く』『白昼の死角』『金田一耕助の冒険』『復活の日』『化石の荒野』『キャバレー』『天と地と』…
タイトルで観る洋画

笑いあり、首チョンパありの異色作。ホラーコメディというよりホラーコントか?『ツイてない男』

ホラーコメディというよりホラーコントか?『ツイてない男』ドリフの『8時だョ!全員集合』的に言えば、「志村ぁ〜、後ろ後ろ!」な展開が続出!スティーブン・ドーフ主演、キット・ライアン監督作。
2020.05.31
タイトルで観る邦画

表情豊かな「時代劇版女ウシジマくん!」が活躍する加藤泰監督の大傑作映画!多幸感に包まれる『骨までしゃぶる』

表懸命に働けば働くほど借金が増えていくブラック会社の権化のような遊郭システムに飲まれた女性がやってのける、金と契約と交渉の裏社会からの見事な脱出劇! 監督:加藤泰、出演:桜町弘子、久保菜穂子、夏八木勲、ほか
タイトルで観る邦画

闇金大河ドラマ!人気シリーズ・ウシジマくんの映画完結版。実写化を突っ走った山田孝之の男の顔必見!『闇金ウシジマくん・ザ・ファイナル』

裏社会を活写した真鍋昌平のコミックを実写映像化したシリーズの最終作。“スーパー鉄面皮”の心の奥底が見えてくるウシジマ少年時代のエピソードも!シリーズを立ち上げ、毎回危険球スレスレのボールを投げ込み続けてきた監督山口雅俊の、肝の据わった演出もアッパレ。
タイトルで観る洋画

青春時代、傷つきながらも自分自身を愛する術(すべ)を学び、自分のなかのモンスターと格闘して大人になる。『さよなら、ぼくのモンスター』

青春時代、誰もが自分のなかのモンスターと格闘して大人になるー。ゲイだとカミングアウトしているカナダの新鋭監督、ステファン・ダンの半自伝的な長編デビュー映画。コナー・ジェサップ出演。
タイトルで観る邦画

「好き」という感情がいかに野放図で暴力的かを飄々と綴る、モト冬樹生誕60周年記念映画!『こっぴどい猫』

モト冬樹主演!総勢15人の男女の込み入った恋愛模様を見せ、「好き」という感情がいかに野放図で暴力的かを飄々と綴る。ダンスシーンのない『ロシュフォールの恋人たち』だと例えれば、ミシェル・ルグランの音楽の代わりが、バッハの遁走曲!
2020.05.30
タイトルで観る洋画

ハリウッドの映画創世記を支えたアメリカの伝説的お笑いコンビ、ローレル&ハーディを描く!晩年の実話をもとにしたヒューマンドラマ『僕たちのラストステージ』

館理人 チャップリンは知ってる!ではローレル&ハーディは? 伝説の大人気お笑いコンビを描いた映画のご紹介! 館理人 『僕たちのラストステージ』(2018年)の監督はジョン・S・ベアード、出演はスティーヴ・クーガンとジョン・C...
タイトルで観る洋画

脚と靴による官能イメージ、痛快なまでの人生逆転劇が“フィット”したドタバタ劇『キンキーブーツ』

倒産目前の靴工場の再生を描いたハートフルコメディ。英国の田舎町を舞台に、エナメルにスーパーヒールの新商品をめぐるドタバタ劇は、性的表現を超えて、セクシュアリティの問題、ひいては人生の選択というテーマにまで辿り着く。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

名作ホラー『悪魔のいけにえ』のリメイクが『テキサス・チェーンソー』で、その前日談!殺人鬼ホイト保安官の誕生を描く『テキサス・チェーンソー ビギニング』

名作ホラー『悪魔のいけにえ』のリメイクが『テキサス・チェーンソー』で、その前日談が本作!人の皮をつなぎ合わせたマスクをかぶり、チェーンソーを振り回す殺人鬼はいかにして産まれ、異常な人格へと育っていったのか。ホイト保安官の誕生を描く。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

オリバー・ストーン監督の名作、匿名大衆に潜む恐怖『トーク・レディオ』

毒舌パーソナリティvs心を病んだリスナー。“匿名の大衆”の恐ろしさは現代に通じる!時が経つと名作と呼ばれている映画でも色褪せてしまうことがあり、その反対に、公開時よりもだんだんと味わいが増してくる場合も。本作は後者だ!
2020.05.27
タイトルで観る洋画

マット・デイモン主演のSF映画『オデッセイ』は、音楽を愛でてリドリー・スコット監督のメッセージを読む

デヴィッド・ボウイの「ライフ・オン・マーズ?」、エルトン・ジョンの「ロケットマン」、ギルバート・オサリバンの「アローン・アゲイン」、ビージーズの「ステイン・アライブ」。そして、天空で“スターマン”が待っている。マット・デイモン主演。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

心理劇としても秀逸。ラストでもう一度初めから観直したくなるサスペンス・スリラーなホラー映画『エスター』

なぜエスターは温かい家族に対して蛮行に出たのか。その理由がだまし絵的に浮きあがり、ラストにわかる仕掛け。もう一度初めから観直したくなるサスペンス・スリラーなホラー。ジャウム・コレット=セラ監督作。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

映画史に残るとんでもない悪漢にゾワッ!大金を求めて標的を執拗に追う男が圧倒的!『狩人の夜』

大金を求めて標的を執拗に追う男。右手の指の甲には「LOVE」、左手には「HATE」の刺青。愛と憎しみに葛藤しつつ、大金を隠して逃げる子供たちを執拗に追いかける!チャールズ・ロートン監督作、ロバート・ミッチャム出演。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

名匠マイケル・パウエル監督が撮った、撮影所カメラマン助手=淫楽殺人者のメチャ怖カルトホラー『血を吸うカメラ』

撮影所カメラマン助手=淫楽殺人者のメチャ怖ホラー。猟奇殺人を描きながら、映画自体は猟奇的ではなく、どこか格調を帯びているのが本作の凄さ。名作の巨匠監督がダークサイドを正直に出しつつ、十八番の夢魔的世界をいっそう追求した作品。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

オリジナル同様に封印されかけた傑作ホラーのリメイク版!フランス人監督が残酷描写も容赦なく「アメリカ批判」を画にしていく!『ヒルズ・ハブ・アイズ』

フランス人監督が残酷描写も容赦なく「アメリカ批判」を画にしていく!リメイクはこうすべしと突き付ける、鑑のような作品。カルトホラー映画『サランドラ』のリメイクで、アレクサンドル・アジャ監督作品。
2020.05.27
スポンサーリンク