タイトルごとに語る[邦画] 一覧

タイトルで観るアニメ

聴覚障がいを持つ少女と、彼女をいじめた少年。心に深いキズを負った2人の生き直しアニメドラマ『聲の形』

聴覚障がいを持つ少女と、彼女をいじめた少年。2人の生き直しのドラマ。規格外の冒頭、主人公の主観ショットを多用しながらエモい構図、ポップなカット割。ヘヴィな物語を糖衣錠のようにくるんだ躍動の映画。山田尚子監督作。
2020.07.31
タイトルで観る邦画

石原裕次郎と浅丘ルリ子共演の傑作ロードムービー『憎いあンちくしょう』

裕次郎は殺人的スケジュールに追われまくる主人公に、不世出のスターとしてのセルフ・イメージを投影し、ルリ子は、あまたの無国籍アクションの中であてがわれてきた典型的ヒロイン像と袂を分かち、自らの意志で行動する魅力的なキャラクターに血肉を与えた。
2020.07.27
タイトルで観る邦画

是枝裕和監督×韓国映画女優ペ・ドゥナ×ラブドール×心の映画『空気人形』

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドール受賞の是枝監督作に青春ラブファンタジー映画があります。もちろんそこは是枝作品、あとを引きます。ペ・ドゥナも魅力発揮の見どころたっぷりおすすめ映画レビュー。
2020.07.26
タイトルで観る邦画

巨匠・市川崑監督のあの!生涯唯一の非実写映画『新選組』を読む!

原作・黒鉄ヒロシの絵柄をそのまま生かした「三次元的立体漫画映画」、すなわち「ヒューマン・グラフィック 崑メーション」。実写でもCGでも、またアニメでさえもなく、コミックの原画を切り抜いて立体的にしたものを手作業で動かし撮影していく超アナログな手法。
2020.07.22
タイトルで観る邦画

破竹の勢いでアナーキーに疾走する監督・若松孝二の現場を描く『止められるか、俺たちを』

タイトルは「俺たち」を謳っているが主演は門脇麦。白石監督がフォーカスを当てたのは、1969年から1971年まで。すなわち、時代の寵児としてまさに破竹の勢いでアナーキーに疾走する若松孝二とその仲間たちの下、助監督をしていた実在の女性の姿が描かれる。
2020.07.22
タイトルで観る邦画

『直撃地獄拳 大逆転』観れば悩んでいるのがバカバカしくなる、効果テキメンの滋養強壮映画

人間、時にはトコトン追い詰められて、激しく落ち込み、死にたくなることもあるもんだ。そういう緊急時に処方されるべき映画。実際、筆者も久々に観たら救われた。心の中が、軽くなった。三バカチームのドタバタ珍ミッション、下ネタと幼児的ギャグの連発で…
2020.07.22
タイトルで観る邦画

巨匠監督のトンデモ怪作!『セックス・チェック 第二の性』オリンピックを目指すヒロインの数奇な運命

オリンピックを目指すヒロインの数奇な運命。こ、これは冗談か?ギャグなのか?いや、マジである。なぜなら監督が増村保造だから。半陰陽を題材とした「トンでも日本映画」の怪作。緒形拳扮する陸上コーチと、コーチに見いだされたヒロインの奮闘!
タイトルで観るアニメ

『この世界の片隅に』の片渕須直監督の劇場アニメ、『マイマイ新子と千年の魔法』がアバンギャルド!

『この世界の片隅に』の片渕須直監督の劇場アニメがアバンギャルド!世の中、どうにもならないことが時にはある。酸いも甘いも噛みしめた元子供にこそ効果テキメンな、清濁合わせた人生讃歌の魔法を観るものにかけてみせる。
2020.07.19
タイトルで観る邦画

三浦春馬×多部未華子のキラキラ甘酸っぱい、至極の青春映画『君に届け』

下り坂道。風早は自転車を押しながら歩き、少しうしろをいつものように爽子が付いてゆく。と、ふと立ち止まり、手元を見る。プラネタリウムのチケットが2枚。微笑む爽子。そこに「黒沼!」とにこやかに呼びかける声が。駆け寄って、爽子は初めて横に並んで歩く…
タイトルで観る邦画

ジャパニーズ・ホラーの火付け役、そもそもの『リング』『らせん』とは?分かる『リング』シリーズ解説

『リング』『貞子』に、ハリウッド版、貞子vs伽椰子…?大人気ホラーなのにややこしいので、シリーズを分かりやすく解説。そもそもの『リング』と『らせん』の熱狂もご紹介。Netflix『呪怨 呪いの家』脚本の高橋洋は、あの『リング』の脚本家!
タイトルで観る邦画

「バケモノにはバケモノをぶつけんだよ!」クロスオーバーでもギャグじゃない!サービス満載エンタメホラー『貞子VS伽倻子』

「バケモノにはバケモノをぶつけんだよ!」で、海外にも名が通っている『リング』シリーズの山村貞子、『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子がクロスオーバー。でもギャグじゃない!“凄腕興行師”白石晃士監督によるサービス満載のエンタメホラー。
2020.07.17
タイトルで観る邦画

山田洋次監督作『小さいおうち』の昭和セレブ奥様(松たか子)な不倫の世界と女中(黒木華)の謎

哀切にしてミステリアスな恋の物語。舞台は昭和初期の東京郊外。吉岡秀隆が扮する板倉正次は、玩具会社のデザイン部の新入社員で、お正月に上司の平井一家のもとに、客人のひとりとして登場する…出演は松たか子、黒木華、倍賞千恵子、妻夫木聡、木村佳乃ほか
2020.07.15
タイトルで観る邦画

監督・山田洋次『東京家族』上京してきた両親と子供たちの家族との数日間の無常感!

映画監督50周年記念作品に山田洋次が選んだ題材は、松竹の大先輩、日本映画の巨匠・小津安二郎が1953年に発表した傑作『東京物語』。これをモチーフにアレンジを施し、「今を生きる家族」の物語へと再構築してみせた。
2020.07.15
タイトルで観る邦画

大学の卒業制作で撮った映画が劇場公開、ソフト化も!快進撃な思春期ドラマ『みちていく』とは

これは極めて珍しいことなんである。大学の卒業制作(2013年度)ながら、都内のミニシアターを皮切りに大阪や名古屋などでも上映され、ソフト化もされた。撮影時21歳、竹内里紗の劇場初監督作だ。立教大学「現代心理学部映像身体学科」から生まれた映画なのだが…
タイトルで観る邦画

巨匠の傑作【じゃない方映画】3タイトル爆選!! 鈴木清順『悲愁物語』、市川崑『竹取物語』、深作欣二&井上梅次『黒蜥蜴』…は逆に面白い!

鈴木清順『悲哀物語』、市川崑『竹取物語』、深作欣二&井上梅次『黒蜥蜴』。…『ゴジラ』シリーズのみならず東宝特撮映画の推進者、大プロデューサー・田中友幸の長年の夢を託され、実現した市川崑監督。だが、当時その批評的な成果は、かなり厳しかった…
2020.07.12
タイトルで観る邦画

2本観たらツウ!監督【伊丹十三】映画の厳選作紹介『タンポポ』『マルタイの女』 

三谷幸喜が脚本協力した『マルタイの女』、ハリウッドが注目した『タンポポ』をあわせてレビュー。
2020.07.10
スポンサーリンク