タイトルごとに語る[洋画] 一覧

タイトルで観る洋画

デニス・ホッパーの『イージー・ライダー』とは?アメリカン・ニューシネマって?伝説の理由を解説!

デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ、ジャック・ニコルソンの共演!マリファナ、人種問題、ベトナム、反体制運動の激化など病めるアメリカと揺れる若者たちの悲劇。リバイバルで今もなおアツいワケを解説。
2020.07.27
タイトルで観る洋画

居合わせた8人が腹を探り合い、駆け引きし殺し合う。タランティーノが原点回帰!『ヘイトフル・エイト』

居合わせた8人が腹を探り合い、駆け引きし殺し合う。原点回帰し、西部劇でありミステリーの様相ではあるもののジャンルを横断、唯一無二の作品と化すクエンティン・タランティーノ監督映画のフシギ。主演サミュエル・L・ジャクソン
2020.07.26
タイトルで観る洋画

ジャック・ニコルソン主演、厭世家にして毒舌家で「アイ・ラブ・ユー」と言えぬ男の悲劇的恋愛コメディ『恋愛小説家』

ジャック・ニコルソンが、厭世家にして毒舌家で「アイ・ラブ・ユー」と言えぬ恋愛小説家を主演。恋愛映画の常套句から遠ざかって、いかに胸の想いを表現してみせるかを、職人監督ジェームズ・L・ブルックスが描く。
2020.07.19
タイトルで観る洋画

ハリウッド映画のキーマン、低予算映画を爆誕させたロジャー・コーマンのドキュメンタリー!『コーマン帝国』

『イージー・ライダー』のルーツはロジャー・コーマンにあり。ジャック・ニコルソン、ピーター・フォンダ、デ・ニーロ、スコセッシ、ジョナサン・デミ、ジョン・セイルズ、ロン・ハワード、コッポラ、ジェームズ・キャメロン…との関わりとは。
2020.07.14
タイトルで観る洋画

『ピエロがお前を嘲笑う』さあ見破られるか?と挑発するどんでん返しムービー

ハッカー集団に加担した青年は、盗んだ情報によって殺人事件に巻き込まれ、しかも自分の命も狙われているらしい……。ネットの裏世界でのやり取りを、薄暗い地下鉄車内での取引に擬人化した手法は大胆かつビビッドで、全編に流れるエレクトロ・サウンドも効果的。
2020.07.10
タイトルで観る洋画

邦題のイマイチさが嘆かれる傑作『トゥモロー・ワールド』の長回しと音楽

CGなしの長回しシーン最高、ストーンズ、ディープ・パープル、キング・クリムゾン、ジョン・レノンと音楽も最高のSFアクション。監督は『ゼロ・クラビティ』『ROMA/ローマ』とアカデミー賞で評価されまくりのアルフォンソ・キュアロン。
2020.07.09
タイトルで観る洋画

『スター・ウォーズ』ファンが作った、『スター・ウォーズ』ファンが主人公の愛あふれるコメディ映画『ファンボーイズ』!

SWファンである製作陣の熱きエネルギーが御大ジョージ・ルーカスの心を動かし、彼のバックアップもあって完成!オタクで童貞感の漂うボンクラ4人組。アメリカンコメディではお馴染みの若者像だが、本作がよくできているのは舞台を1998年にしたこと!
2020.07.09
タイトルで観る洋画

毒ヘビにサミュエルの「マザファッカ!」が炸裂!笑える密室サバイバル、パニック・アクションの王道娯楽『スネーク・フライト』

ジャンボジェットを占領した毒ヘビにサミュエルの「マザファッカ!」が炸裂!。ゲラゲラ笑える密室サバイバル、パニック・アクションの王道娯楽映画、『スネーク・フライト サミュエルとトンチ、時々トンマ』とでも名付けたい快作。
2020.07.04
タイトルで観る洋画

ミルク配達人の冒険と愛の逃避行『オン・ザ・ミルキー・ロード』〜エミール・クストリッツァ監督作を一度も体験していないならば、それは不幸!

鬼才エミール・クストリッツァの狂騒的なごった煮感がすごい。旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身の最高のクリエイター。観ればたちどころに映画の内側へと飲みこまれ、強力な生のエナジーをしこたまチャージされる。出演モニカ・ベルッチ
2020.06.30
タイトルで観る洋画

ハリウッドの映画創世記を支えたアメリカの伝説的お笑いコンビ、ローレル&ハーディを描く!晩年の実話をもとにしたヒューマンドラマ『僕たちのラストステージ』

ハリウッドの映画創世記を支えたアメリカのコメディアン、ローレル&ハーディの、晩年の実話をもとにしたヒューマンドラマ。往年のコメディ映画の素晴らしさを再発見。喜劇とコンビ愛、そして人生を教えてくれる。
2020.06.28
タイトルで観る洋画

名匠マイケル・パウエル監督が撮った、撮影所カメラマン助手=淫楽殺人者のメチャ怖カルトホラー『血を吸うカメラ』

撮影所カメラマン助手=淫楽殺人者のメチャ怖ホラー。猟奇殺人を描きながら、映画自体は猟奇的ではなく、どこか格調を帯びているのが本作の凄さ。名作の巨匠監督がダークサイドを正直に出しつつ、十八番の夢魔的世界をいっそう追求した作品。
2020.06.22
タイトルで観る洋画

異文化カップルのウソみたいな実話系ロマンティック・コメディを、当の本人が脚本&主演!『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』

異文化カップルのウソみたいなロマンティックな実話を、スタンダップコメディアンの本人が脚本&主演して映画化!赤裸々にして現在のアメリカの断面がよく分かり、信じられないような奇跡に満ちた人生の一幕。脚本・主演クメイル・ナンジアニ。
2020.06.21
タイトルで観る洋画

コミック狂&珍奇な映画愛好家ニコラス・ケイジが自らリメイクをプロデュース、主演した『ウィッカーマン』

失踪した少女を探しに孤島を訪れた警官と島民の対立、驚愕の顛末を奇抜なタッチで綴るイギリス産カルトムービーのリメイク。カルト映画マニアだった故ジョニー・ラモーン(ラモーンズのギタリスト)が親友ニコケイに見せ、リメイクを遺言で勧めたらしい。
2020.06.21
タイトルで観る洋画

世の中捨てたもんじゃない。アフリカ系エリートピアニストとイタリア系用心棒の、おっさんずロード・ムービー『グリーンブック』

9歳でレニングラード音楽院入学、英才教育を受けた裕福なアフリカ系エリートピアニストと、イタリア系でニューヨークの下町出身、一流ナイトクラブの腕利き用心棒の友情。相も変わらぬ不寛容な現代に生きるヒントを与えてくれる。監督ピーター・ファレリー。
2020.06.21
タイトルで観る洋画

バイオレンス映画の巨匠の数奇なキャリアをドキュメンタリー『サム・ペキンパー 情熱と美学』とともに一気チェック

サム・ペキンパー監督の数奇なキャリアをドキュメンタリーとともに一気チェック。『ガルシアの首』『荒野のガンマン』『わらの犬』『ゲッタウェイ』『ビリー・ざ・キッド/21才の生涯』『戦争のはらわた』『ワイルドバンチ』『砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード』…
2020.06.21
タイトルで観る洋画

『エクス・マキナ』アンドロイド役アリシア・ヴィキャンデルを堪能!

オスカー女優によって体現されたエヴァは、はっきり言ってエロい。不思議な倒錯美を湛えており、服を着てウィッグを付けるとまたいっそうギャップ萌え!「人間もまたAIみたいにプログラミングされた存在なのでは」という問題を浮上させるSF、アレックス・ガーランド監督作
スポンサーリンク