邦画

どこでも動画ツール考

《新作映画最強ラインナップ》以外の【U-NEXT】を検証評価!邦画旧作ラインナップは面白傑作揃いなのか?

動画配信サービスの【U-NEXT】の邦画旧作ラインナップはどの程度かをチェックしてみた。見放題ラインナップは楽しめる?お得?契約の価値あり?を検討。新作のラインナップの充実はわかるけど、旧作のラインナップは実はもっと大切!な人向け。
2021.04.01
日活ロマンポルノ

『壇の浦夜枕合戦記』日活ロマンポルノ映画おすすめコラム

王朝コスプレと風間杜夫と源頼朝をつないで遊んだ大らか作!? 絶賛注目日活ロマンポルノのおすすめをカルチャー解説。色々繋がる関連エンタメコンテンツも丸っとチェック!
2021.01.01
タイトルで観る邦画

『もず』で女優・淡島千景が魅せる感情の綱渡りを鑑賞する

映画が始まると、(松山崇による)何ともデコラティブな内装の小料理屋のセットが目に飛び込んでくる。住み込み女中・岡田すが子役の淡島千景はやがて、暖簾をくぐって晴れやかな顔で、右手から登場する…
2020.12.06
テーマ・映画人で観る

俳優語り【二宮和也】〜悪魔のように細心に、天使のように大胆に

思えば『硫黄島からの手紙』の渡辺謙、『母と暮せば』の吉永小百合、『赤めだか』のビートたけし……二宮はこれまでも、スーパーセッションの名手であった。『青の炎』のときに、監督の蜷川幸雄が与えたアドバイスが彼の背中を押したのだと思う…
2020.12.05
インタビュー

蔵出しインタビュー【佐藤純彌】大作をまかされる映画監督の遺作『桜田門外ノ変』とそれまでについて

大作を次々と世に送り出した映画監督の制作秘話、蔵出しインタビュー。「何かの挨拶のときに「時代劇は初めて」と言ったら、隣にいた北大路欣也に「僕が主演した『空海』(1984年)があるじゃないですか」って (笑)。「あれは歴史劇って呼ぶんだ」って…
2020.11.22
タイトルで観る邦画

岡本喜八監督『吶喊』若者二人の幕末ドタバタ青春映画がエネルギッシュすぎる!

ゲリラといえばこの映画の製作体制もまさしくゲリラ戦の様相で、喜八プロダクションの第1回作品、カネはなくても世の中に「一泡吹かせたる」という気概に満ちている。エネルギッシュな役者陣、それを躍動する手持ちカメラで捉えたのは若き日の木村大作。
2020.11.22
インタビュー

復刻ロングインタビュー・東映グループ会長【岡田裕介】自らの俳優時代と森谷司郎監督を語る

2012年のインタビュー記事を復刻。岡田氏のキャリアは東宝専属俳優からスタート。デビュー映画『赤頭巾ちゃん気をつけて』の監督は、『日本沈没』『八甲田山』などの森谷司郎。当時の役者時代と森谷監督との信頼関係について語っていただいた。
2020.11.22
タイトルで観る邦画

レビュー『ロボジー』矢口史靖監督コメディ〜ロボットを着せられたトンデモ爺さん!

絶妙のバランスで展開する “悲劇と喜劇の紙一重”。ミッキー・カーチスがトンデモないジジイを好演!矢口史靖監督のコメディ映画レビュー
2020.11.20
タイトルで観る邦画

レビュー『ガメラ2 レギオン襲来』金子修介・樋口真嗣の傑作平成ガメラシリーズ!

監督・金子修介と特技監督・樋口真嗣による傑作映画「平成ガメラ3部作」の2作目をレビュー。何がすごいのかを解説!撮影現場と樋口真嗣氏に取材してレビューした記事を復刻です。
2020.11.20
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノおすすめ復刻コラム『濡れた欲情 ひらけ!チューリップ』。原案は間寛平の大ヒットコミックソング

間寛平ヒットコミックソングあやかり正月映画の三角関係お祭りマラソン!男性誌のコラム記事を復刻。寛平ちゃん、主題歌を提供しチラリと出てもいますが、主演はまったくの別。芹明香出演、神代辰巳監督。
2020.11.19
タイトルで観る邦画

草彅剛主演2006年版デザスタームービー『日本沈没』は都庁も六本木ヒルズも大崩壊!

Netflixオリジナルアニメ版『日本沈没2020』が全世界配信!その前に2006年映画実写版のレビューをチェック!すると1973年版も見ておきたくなる不思議。2006年版は樋口真嗣監督、出演は草彅剛、柴咲コウ、及川光博、豊川悦司ほか。
2020.11.18
テーマ・映画人で観る

俳優語り!【原田芳雄】ヒストリーを出演映画、周辺カルチャーと辿る。

美空ひばりとジョニー・マティスに心奪われ、落語にもゾッコン、5代目古今亭志ん生を“心の師”としていた。中学2年で「素人ジャズのど自慢」に出場、「ローズ・タトウ」を唄った(ただし、鳴った鐘はひとつ)…映画、ドラマ、演劇、ライブ。原田芳雄の足跡を辿る。
2020.11.16
インタビュー

ザ・ドリフターズの映画は一味違う!仲本工事・復刻インタビュー付きで大解説

テレビ番組『8時だヨ!全員集合』よりムチャクチャ!?ドリフ映画の面白さを検証大解説。仲本工事さんにもインタビューしコメントをいただいて構成した記事の復刻です!永遠の5人いかりや長介、加藤茶、仲本工事、高木ブー、荒井注、志村けん!
インタビュー

復刻インタビュー【俳優・浜田光夫】が語る【監督・中平康】吉永小百合との青春コンビ3本を回顧

吉永小百合さんとのコンビで青春映画が次々ヒット。そのうちの3本を監督した中平康について、浜田光夫が回顧するインタビュー記事を復刻!『泥だらけの純情』『俺の背中に陽が当る』『光る海』
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノ復刻コラム『魔性の香り』池田敏春×石井隆×天地真理の破壊力

日活ロマンポルノのタイトルを紹介していく男性誌での連載コラム記事の復刻。天地真理といえば、 白雪姫の愛称で「水色の恋」、「ひとりじゃないの」、「恋する夏の日」などのヒット曲を飛ばした1970年代のスーパーアイドル…
2020.10.25
テーマ・映画人で観る

初心者向け【監督・溝口健二】解説&とりあえずの知ったかぶり4作品簡単解説!

小津安二郎、黒澤明とともに、日本が世界に誇る三大巨匠、の一人である。何が凄いって、あのヴェネチア国際映画祭での快挙。1952年 『西鶴一代女』の国際賞(=監督賞)を皮切りに、『雨月物語』『山椒太夫』も銀獅子賞に。
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノおすすめ復刻コラム『ラブホテル』監督・相米慎二、撮影・篠田昇のお宝!

監督:相米慎二、撮影:篠田昇、原作脚本:石井隆、出演:寺田農、音楽は山口百恵「夜へ」、もんた&ブラザース「赤いアンブレラ」…。役者もスタッフも音楽も!揃いもそろったロマンポルノのお宝映画です!男性誌の連載コラムの復刻。
2020.10.21
テーマ・映画人で観る

多くの映画監督がチャンスを求め掴んだ日活ロマンポルノ。どんな監督たち? どんな挑戦? あの時代の日本映画の潮流とともに大解説!

どんな監督たち? どんな挑戦? 斜陽にあった日本映画界での奮闘。数多くの監督たち(新人も含む)にとってそこは、自由に表現できる場であり、現場を学びチャンスを掴む場でもありました。監督と作品群から、ロマンポルノがわかる!
2020.10.21
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノおすすめ復刻コラム『痴漢保健室』滝田洋二郎の!

映画ってこんなに自由なものだったのか!そう痛感する一本!大作、話題作を多く手がける滝田洋二郎の監督作(アメリカのアカデミー賞で日本映画初の外国語映画賞を受賞した『おくりびと』や、吉永小百合の120本目の出演作『北の桜守』など)。
2020.10.19
日活ロマンポルノ

『団鬼六 OL縄奴隷』日活ロマンポルノ映画おすすめ復刻コラム

SM界のイングリッド・バーグマン、麻吹淳子の高貴さよ永遠なれ!日活ロマンポルノのタイトルを紹介していく男性誌での連載コラム記事の復刻です。
2020.10.19
日活ロマンポルノ

泣ける!『母娘監禁・牝』日活ロマンポルノ映画おすすめコラム

男性誌での連載コラム記事の復刻。主演の前川麻子は本作でヨコハマ、おおさかの映画祭最優秀新人賞、にっかつロマン大賞でも作品賞とともに主演女優賞に輝いた。脚本:荒井晴彦。
2020.10.19
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノおすすめコラム『ラブハンター・熱い肌』

キテレツ系「女体レイアウト」映画…って? こちらの映画レビューは、日活ロマンポルノのタイトルを紹介していく男性誌での連載コラム記事の復刻です。
2020.10.19
インタビュー

蔵出しインタビュー【加藤武】名キャラ!市川崑監督・金田一シリーズの「よし、わかった!」警部役誕生秘話!!

自ら解説、市川崑監督版、映画金田一シリーズに登場する名物キャラ「よし、わかった!」の警官誕生裏話。毎度豪快にミスジャッジ、時に粉薬を噴き出す胡散臭いコメディリリーフ。「生々しい物語だから、ホっとする場面が欲しいでしょ…
2020.10.18
インタビュー

復刻ロングインタビュー【監督・黒沢清】海獣(怪獣)映画の作り方!

2013年の映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』公開にあたり行ったインタビューにて、怪(海)獣映画につてあれこれ語っていただいた内容がとっても面白い!『海獣映画の作り方』が語られてます!!
2020.10.18
テーマ・映画人で観る

【高倉健】研究〜スター映画鑑賞法!健さんワールド解説とおすすめ26作一挙紹介

高倉健のスターたる所以をキーワード別に解説したレビュー! 主演映画は206本!健さんを楽しむにはどこから手をつけるといいやら…な時のガイド。健さんを堪能できる映画を全26作品一挙紹介。
テーマ・映画人で観る

初めての【成瀬巳喜男】監督映画〜メロドラマの源流の楽しみ方・超解説!

例えば、愛する夫の命を交通事故で奪った青年への憎しみが、いつしか激しい愛へと転じていくヒロインの物語(『乱れ雲』)。はたまた、夫の戦死後、残された酒屋を切り盛りするも、義弟に恋慕され、心がよろめいてゆくヒロインの物語(『乱れる』)…
2020.10.16
テーマ・映画人で観る

俳優語り!和製ドラキュラを違和感なく出現させた怪優【岸田 森】

この人が出ているだけでイッツ・オーライ!作品に付加価値を与え続けてきた男。和製ドラキュラで日本のクリストファー・リー。毎回、メーキャップと衣装と演技プランは凝りに凝って、喜怒哀楽を滲ませた決めの表情(得意の死に顔も含め!)を披露した…
2020.10.14
テーマ・映画人で観る

俳優語り【金子正次】壮絶人生。ホンを書き、自ら主演することにこだわり、命と引き換えに映画を遺した

ホンを書き、自ら主演することにこだわり、命と引き換えに映画『竜二』を遺した役者、脚本家。1983年10月29日より東映セントラル配給でロードショーの始まった『竜二』の公開から1週間後、胃ガンで世を去った。享年33。
2020.10.08
インタビュー

蔵出し【勝新太郎】ロングインタビュー〜監督【増村保造】との映画的友情と真剣勝負〜

天才勝新太郎と、大映東京のエース・増村保造。そんなふたりが傑作『兵隊やくざ』で運命的な出会いを果たした。以来、大映で、そして勝プロダクションで、俳優、あるいはプロデューサーとして映画製作を共にしてきた勝新が、監督増村保造との真剣勝負を語る。
2020.10.05
タイトルで観る邦画

竹内結子主演映画『いま、会いにゆきます』は奇跡のチームが制作したファンタジー&時代の標!その理由を徹底解説!!

中村獅童さんとの共演作はゴシップ抜きで素晴らしい、時代の標となる映画。インタビューとレビューで深掘りする映画レビュー。TBSの演出家で「逃げるは恥だが役に立つ」などの土井裕泰監督、美術監督は『キル・ビル』などハリウッド映画でも活躍の種田陽平さん…
タイトルで観る邦画

竹内結子主演×三島由紀夫の映画世界『春の雪』翻弄される男女のメロドラマ

行定勲監督作『春の雪』映画レビュー。三島由紀夫が最後に取り組んだシリーズ、輪廻転生の物語『豊饒の海』四部作の第一巻にあたる物語。大正初期の貴族社会で翻弄される男女の三島流メロドラマ。
2020.09.30
インタビュー

復刻インタビュー/竹内結子〜出演映画『サイドカーに犬』を語る

「根岸(吉太郎)監督は、画面のつながりより、そのときそのときの感情を大切にしてくださる方なんですね。役について構えなくていいし、こんなにも撮影中、自分の顔を鏡で見ない現場もなかったです(笑)」
2020.09.30
スポンサーリンク