洋画

テーマ・映画人で観る

世界の巨匠映画監督【フランク・キャプラ】駈け足解説!〜人間肯定の大団円

駈け足でざざっと解説!フランク・キャプラ監督って? クリスマス映画のクラシックど定番『素晴らしき哉、人生!』を撮った巨匠監督。人間の存在を肯定する大団円、現代に蘇る夢と理想とは。
タイトルで観る洋画

レビュー『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』不世出の小説家の人生はすごいエピソードの宝庫!

「ライ麦畑でつかまえて」のアメリカの小説家J・D・サリンジャーの人生はすごいエピソードの宝庫!作家と編集者の一筋縄ではいかない関係も琴線に触れる!おすすめ映画レビュー
タイトルで観る洋画

デニス・ホッパーの『イージー・ライダー』とは?アメリカン・ニューシネマって?伝説の理由を解説!

デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ、ジャック・ニコルソンの共演!マリファナ、人種問題、ベトナム、反体制運動の激化など病めるアメリカと揺れる若者たちの悲劇。リバイバルで今もなおアツいワケを解説。
2020.11.05
テーマ・映画人で観る

ジャン=リュック・ゴダールとは。ヌーヴェル・ヴァーグとは。映画通のワードを一から解説!

ファッション、音楽、ミューズのアンナ・カリーナ、映像的パンク。タランティーノ、坂本龍一、ピチカート・ファイブ。圧倒的なセンスに世界が影響されたゴダールを初心者向けに解説。登場する映画は全部おすすめ!
2020.10.22
タイトルで観る洋画

キューバ音楽の旅『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』ヴェンダース監督のドキュメンタリー

ヴィム・ベンダース監督作。アメリカのいぶし銀のギタリスト、ライ・クーダと、キューバのベテランミュージシャンたちとの幸福な出会いを記録したアルバムが、ヴェンダースを情熱の日が昇る土地キューバへと立たせた!
2020.10.16
タイトルで観る洋画

吸血鬼の少女の物語『ビザンチウム』〜特殊女優の道をひた走るシアーシャ・ローナンを堪能

館理人 挑むは特殊な役どころばかり!気になる女優、シアーシャ・ローナンを、バンパイア映画『ビザンチウム』で堪能したい! 彼女、弱冠13才でアカデミー賞助演女優賞候補になった逸材です! 館理人 てことで、『ビザンチウム』をご...
2020.10.16
タイトルで観る洋画

ジェームズ・マカヴォイ×キーラ・ナイトレイの悲恋が傑作『つぐない』

思春期ならではの潔癖さ、繊細さ、嫉妬と恋心。あるカップルの人生を狂わすのは一人の少女。『X-MEN』シリーズのプロフェッサーX、マカヴォイと、『オフィシャル・シークレット』のキーラ・ナイトレイのおすすめラブストーリー映画。
2020.10.13
タイトルで観る洋画

『PK ピーケイ』ラストまで意外が連続。大胆なジャンルの横断!大ヒットインド映画

大ヒットインド映画レビュー。宇宙人の視点からインドの宗教事情を時にコミカル、時にシニカルに描いてゆくSFコメディにして、胸焦がす切ないラブストーリー。差別や偏見といった問題に果敢に斬り込むヒューマンドラマでもある。
2020.10.10
タイトルで観る洋画

『コッホ先生と僕らの革命』ドイツ初のサッカーチームを結成した熱血教師と生徒の物語に、スレた心もジ〜ン!

観終わったあとの、体の芯がキュっと熱くなるこのカンジ! サッカーが物語の核になっている、ハートの奥のゴールネットを大きく揺さぶる映画。ドイツ初のサッカーチームを結成した、ドイツサッカーの父、コンラート・コッホを描く。
2020.10.08
タイトルで観る洋画

ヤバい女に元刑事が惹かれていく、アバンギャルドなファム・ファタール映画。中国監督作『薄氷の殺人』

ヤバい女に元刑事が惹かれていく、いわゆるファム・ファタールなアバンギャルド映画。カメラアングル、カットつなぎ、編集のリズム……タダ者ではない作り手の才気が伝わってくる。ディアオ・イーナン監督、出演はリャオ・ファン、グイ・ルンメイほか。
2020.10.03
タイトルで観る洋画

ラブラドールが変身してサッカー選手に!バカバカしさがたまらない『ディディエ』

犬、サッカー、アラン・シャバ。フランス人の大好きな要素がミックスされたライトスポーツコメディのレビュー。サッカーワールドカップ、フランス大会開催年に日本公開した作品。
2020.09.21
タイトルで観る洋画

今更聞けないド定番サイコスリラー『羊たちの沈黙』の羊の意味? レクター博士の猟奇殺人ホラー映画解説

レクター博士の猟奇殺人ホラー、今更聞けない羊の解釈とは?ハンニバル・レクター?レクター博士? クラリス?丸ごと解説。キーワード「子羊」の意味を探るほど『羊たちの沈黙』は面白くなる!監督ジョナサン・デミ出演アンソニー・ホプキンス、ジョディ・フォスター
タイトルで観る洋画

サム・ペキンパー監督映画『キラー・エリート』(1975年)がとんでも怪作な理由を大解説!

世に“怪作”と呼ばれる映画は少なくないが、『キラー・エリート』は筋金入りの怪作である。何がスゴイって、1本の映画が要所要所で転調し、そのノリはさながら往年のプログレッシヴ・ロックのよう…主演ジェームズ・カーン
タイトルで観る洋画

『クロニクル』異能を手に入れた高校生の傑作SF青春グラフィティ

現実離れした話ではない。胸掻きむしられる青春グラフィティであり、人は強大なパワーを手に入れた時、どうなるかを描いた啓蒙の映画。地面に開いた穴の中に入り、謎の物体に触れたことで高校生3人が念動力に目覚める。「さて、それぞれの運命は?」
タイトルで観る洋画

『塀の中のジュリアス・シーザー』刑務所で本物の囚人たちが、陰謀と暗殺のシェイクスピア劇を熱演!

イタリアの刑務所で本物の囚人たちが、更生プログラムとして、プロの演出家の特訓をうけ、殺しやら陰謀やら裏切りの経験を胸に、陰謀と暗殺のシェイクスピア劇を熱演!この演劇実習の過程にカメラは密着する。
タイトルで観る洋画

ドキュメンタリー映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』NYストリートファッション写真家の仕事!

キャリアは実に半世紀!ニューヨークのストリートファッション写真家の仕事を追ったドキュメンタリー映画。ビル・カニンガムはニューヨーク・タイムズのコラムを担当、ストリートスナップの先駆者。働くこと、仕事の流儀、グッとくる至言の数々…
テーマ・映画人で観る

手っ取り早くヌーヴェル・ヴァーグのツウになる『ふたりのヌーヴェルヴァーグ〜』レビュー

ヌーベルバーグの概要をざっと知りたい!なら、ドキュメンタリー『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』のレビューを!手っ取り早く映画通のキーワードを解説。
2020.09.08
タイトルで観る洋画

『ワールド・ウォーZ』巨額をかけたゾンビ映画のツッコミと深読み!

説明するまでもなくタイトルの「Z」とはゾンビのことで、何の因果か世界中に未知のウイルスが蔓延し、アンデッドどもが世を徘徊!その原因究明に当たるのが、ブラッド・ピット扮する紛争解決のプロ。各国を飛び回り、ゾンビ大戦の渦中で体を張る…
タイトルで観る洋画

大統領暗殺計画!なのに、のどか!『イルカの日』可愛さ爆発

マイク・ニコルズ監督の、トンデモ不思議な映画! 人間の言葉を話すようになったイルカが大統領暗殺計画に利用されるという、ジャンル的には一応SFサスペンスに分けられている一品であり、ソフト化を筋金入りの映画ファンが長年待ち望んでいた往年の名作。
2020.09.02
テーマ・映画人で観る

めくるめく耽美、幻想。1950〜70年代のホラーの源流、ロマン・ホラー映画を大解説!

めくるめく耽美、幻想。ホラー映画の歴史を紐解くレビュー。…1950年代怪奇映画の常連、さらには1960年代の前半に、『アッシャー家の惨劇』『恐怖の振子』『黒猫の怨霊』『大鴉』『赤死病の仮面』といった工ドガー・アラン・ポー原作の(安手の)怪奇幻想映画に出演した名優ヴィンセント・プライス…
2020.09.01
タイトルで観る洋画

英国の巨匠ケン・ローチ監督のパンクな逸品。不寛容な現実に立ち向かうワーキングクラスヒーロー『わたしは、ダニエル・ブレイク』

理不尽な社会に心に中指を立て、不寛容な現実に、逆に闘志を燃やし立ち向かうワーキングクラスヒーロー、還暦を迎える大工職人の闘志に泣き笑い。英国の社会派の巨匠ケン・ローチ監督のパンクな逸品。出演デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズほか。
2020.08.31
タイトルで観る洋画

『危険なメソッド』人に巣食う怪物!クローネンバーグ監督のアンバランス劇場

監督デヴィッド・クローネンバーグはもともと、精神分析や心理学になじむテーマを好んで描く作家であったが、ついに精神分析の創始者ジークムント・フロイトと、分析心理学の開祖となるカール・グスタフ・ユングの実話ドラマへと行き着いた。
タイトルで観る洋画

『イースタン・プロミス』映画史に残る!フルチンで大乱闘からの社会派!!

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』に続いて実現した、主演ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、監督デヴィッド・クローネンバーグのコンビ作。社会的なテーマとエンタメ性が融合し、ストーリーも最後まで目が離せずスリリング。導入からしてイイ!
2020.08.24
タイトルで観る洋画

早すぎたセカイ系ホラー『ポゼッション』先が読めない不条理にいまもファンが離れない!

館理人 強烈な世界観を持つ1981年のフランス映画のご紹介です! 館理人 レビューをどうぞ! アジャーニの全身女優ぶり、天晴れ! 【概要】劇場公開後のDVDが廃盤になるとDVD中古価格が高騰しプレミ...
2020.08.20
タイトルで観る洋画

映画史に残るとんでもない悪漢にゾワッ!大金を求めて標的を執拗に追う男が圧倒的!『狩人の夜』

大金を求めて標的を執拗に追う男。右手の指の甲には「LOVE」、左手には「HATE」の刺青。愛と憎しみに葛藤しつつ、大金を隠して逃げる子供たちを執拗に追いかける!チャールズ・ロートン監督作、ロバート・ミッチャム出演。
2020.08.19
タイトルで観る洋画

知的論争エンターテインメント映画『サンキュー・スモーキング』レビュー

話術巧みなタバコ業界の腕利きPRマンの主人公は、植木等の当たり役“無責任男”のUSA版。でも内容は実に硬派。のちに『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞レース参戦のジェイソン・ライトマン監督作。
2020.08.17
タイトルで観る洋画

ジョージ・クルーニー主演『マイレージ、マイライフ』リストラ宣告人の話術とマインドコントロールと迷走

主人公リストラ宣告人を演じたジョージ・クルーニーはジェームズ・ボンド説!?ジョージ・クルーニーが首切り請負人に扮した『マイレージ、マイライフ』を観ながら、前半ふと思い出したのが、「007」=ジェームズ・ボンドのことだった。
タイトルで観る洋画

ザ・ビーチ・ボーイズの、音楽的支柱にして希代のソングライター、ブライアン・ウィルソンの半生『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』

ザ・ビーチ・ボーイズの音楽的支柱にして希代のソングライター、ブライアン・ウィルソンの半生と苦悩についての映画。曲の断片を繋ぎ合わせる技法(モジュラー・レコーディング)を押し進め、「グッド・ヴァイブレーション」の録音風景も描きだす。
2020.08.15
タイトルで観る洋画

米国の迷走感溢れる、“呪われし”カルトムービーのラストを見よ!『断絶』

当時のスターミュージシャン、ジェームス・テイラーとデニス・ウィルソン(ザ・ビーチ・ボーイズ)が役者として主演した映画。互いの車を賭けワシントンまで競うロードムービー。アンチヒーローにも負け犬の美学にも背を向けたアメリカの迷走感が滲み出る。
2020.08.15
タイトルで観る洋画

『ロード・オブ・ザ・リング』好きにウケないピーター・ジャクソン監督の『ラブリーボーン』はとんでも映画なのかを考察!

『ロード・オブ・ザ・リング』好きにウケないピーター・ジャクソン監督作は大林宣彦監督の『時をかける少女』?『さまよう魂たち』や『乙女の祈り』でも少女の心性にガチで寄りそっていた監督の、奔放なイマジネーションの一面を楽しむレビュー。
2020.08.15
タイトルで観る洋画

プロのピアニスト、ホアン・ユィシアンの実話をユィシアン自身が演じる感動作『光にふれる』

台湾の盲目のプロピアニスト、ホアン・ユィシアン(黄裕翔)の実話を、ユィシアン自身が演じ、各国の映画祭で次々と観客賞を受賞した感動作のレビュー。たぐい稀なるピアノの才能を持ちながら、陰口でステージに出られなくなったトラウマと、仲間の友情。
2020.08.15
タイトルで観る洋画

『彼は秘密の女ともだち』フランス発、男女超えのアクロバティック・ラブコメ!

性の同一性とはあらかじめ決められたものではなく、相手との関係性次第という至極まっとうな風通しの良いメッセージ。観る人によって解釈が変わる含みを持たせたオープンエンドもいいアクロバティックなラブコメ。フランソワ・オゾン監督。
2020.08.15
スポンサーリンク