シリーズ

テーマで観る

解説・金田一耕助映画の《等々力警部》とは? 金田一を引き立て、観客に優越感を与えるコメディ・リリーフ!

市川崑監督版の映画で加藤武演じる「そうか、よしっ、わかった!」。金田一を引き立て、観客に優越感を与えるコメディ・リリーフ!厳密にいえば『犬神家の一族』が橘警察署長、『悪魔の手毬唄』が立花捜査主任で『獄門島』『女王蜂』『病院坂の首縊りの家』…
2020.08.01
テーマで観る

1950年代のモノクロ映画シリーズが、未だにファンを生み出し続ける驚愕!『次郎長三国志』シリーズの魅力徹底解説!

音楽的躍動感あふれるエンタメ時代劇に作り変えたマキノ雅弘監督の演出がすごい。1950年代のモノクロ映画シリーズ、再評価のきっかけは2011年のDVD-BOX化。ジャケットイラストを「ONE PIECE」の尾田栄一郎が担当したことも話題に。
2020.07.30
テーマで観る

よく分かる!勝新太郎『座頭市』シリーズとは。全体像とおすすめ映画を徹底解説。何がすごい?面白い?

徹底解説。何がどうすごい?面白い?世にシリーズ映画は数多くあれど、量質これほどまでに充実しているものもないだろう。主人公は座頭市。子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」から生まれた異形のヒーロー。演じるは勝新太郎。大映に市川雷蔵と同期入社し…
2020.07.24
タイトルで観る邦画

ジャパニーズ・ホラーの火付け役、そもそもの『リング』『らせん』とは?分かる『リング』シリーズ解説

『リング』『貞子』に、ハリウッド版、貞子vs伽椰子…?大人気ホラーなのにややこしいので、シリーズを分かりやすく解説。そもそもの『リング』と『らせん』の熱狂もご紹介。Netflix『呪怨 呪いの家』脚本の高橋洋は、あの『リング』の脚本家!
テーマで観る

市川雷蔵とは?眠狂四郎の映画って?狂四郎のネジれたキャラが顕著に表れている逸品『眠狂四郎 無頼剣』で解説!

市川雷蔵とは?眠狂四郎の映画って?を『眠狂四郎 無頼剣』で解説!「まともな人間ではない」と、まともではない人間が述べる自己言及のパラドックス。己も含め、絶対的に正しい者などいないという相対主義が刻まれた傑作。三隅研次監督作。
2020.06.26
インタビュー

蔵出しインタビュー/フルスピードで突っ走るパワフル娯楽映画『トラック野郎』シリーズを、主演・菅原文太が語る!

その時代にしか作れない、ハチャメチャにパワフルで面白い娯楽映画というものがある。1975〜79年をフルスピードで突っ走った『トラック野郎』シリーズは、まさにそれだった。映画自体が「アスファルトの上を走る祝祭」であったのだ…
タイトルで観る洋画

ツッコんで笑うもよしの多目的スパニッシュホラー『REC/レック』人気シリーズの第一弾。

人気シリーズ第一弾。お化け屋敷のような閉所感覚を怖がってもよし。事態のトンデモなさにツッコみながら笑うのもあり。はたまた、ヒロインの阿鼻叫喚ぶりにサディスティックな興奮を覚えちゃうのもいい。全編ビデオカメラを駆使したスペインのホラー映画。
2020.06.17
タイトルで観る邦画

レビューで解説・勝新太郎自ら監督した『座頭市』はシリーズの宝!

樋口可南子、緒形拳、三木のり平、蟹江敬三、江幡高志、川谷拓三、内田裕也、陣内孝則、安岡カ也、ジョー中山、鴈龍…。遊ぶことを追求した映画に勝新が見える!
2020.06.14
タイトルで観る邦画

闇金大河ドラマ!人気シリーズ・ウシジマくんの映画完結版。実写化を突っ走った山田孝之の男の顔必見!『闇金ウシジマくん・ザ・ファイナル』

裏社会を活写した真鍋昌平のコミックを実写映像化したシリーズの最終作。“スーパー鉄面皮”の心の奥底が見えてくるウシジマ少年時代のエピソードも!シリーズを立ち上げ、毎回危険球スレスレのボールを投げ込み続けてきた監督山口雅俊の、肝の据わった演出もアッパレ。
タイトルで観る洋画

名作ホラー『悪魔のいけにえ』のリメイクが『テキサス・チェーンソー』で、その前日談!殺人鬼ホイト保安官の誕生を描く『テキサス・チェーンソー ビギニング』

名作ホラー『悪魔のいけにえ』のリメイクが『テキサス・チェーンソー』で、その前日談が本作!人の皮をつなぎ合わせたマスクをかぶり、チェーンソーを振り回す殺人鬼はいかにして産まれ、異常な人格へと育っていったのか。ホイト保安官の誕生を描く。
2020.05.27
タイトルで観る邦画

松方弘樹の覚醒映画シリーズ!徹頭徹尾“馬鹿な男”の物語『脱獄広島殺人囚』

松方弘樹は二世スターで華々しくデビューするも実は遅咲きのアクター。くすぶっていた東映実録路線のなかでいよいよ主役を張り、大ヒットした「松方弘樹東映脱獄脱獄3部作」の1本。中島貞夫監督作、出演梅宮辰夫、大谷直子、渡瀬恒彦ほか。
タイトルで観る洋画

『サスペリア』シリーズの方の『インフェルノ』、「怖がらせるためには何でもあり」演出満載の支離滅裂ホラー

人工的に作り込まれた幻想世界が展開、論理では測れないお伽噺。トム・ハンクス主演の『インフェルノ』ではなく、イタリアン・ホラーの鬼才、ダリオ・アルジェント監督『サスペリア』シリーズの方の『インフェルノ』のレビュー。
2020.04.02
タイトルで観る洋画

R指定が付くのに世界的に大ヒットしたマーベル・ヒーロー映画『デッドプール』

アクションコメディが最終的に感動的な愛の物語に着地する、アクロバティックムービー。時制が変わるたびにカメラ目線で奇矯なしゃべりキャラを成立させた、主演ライアン・レイノルズ。監督ティム・ミラー。
タイトルで観る洋画

シリーズを手っ取り早く知るなら生誕50周年の節目を飾った『007 スカイフォール』、テーマは復活と再生!

生誕50周年の節目を飾った『007』は、ボンド復活のために映画が過去に遡行していく、アイデンティティの喪失と回復のストーリー。監督サム・メンデス、ジェームズ・ボンド役は新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』同様6代目ダニエル・クレイグ。
2020.03.15
タイトルで観る邦画

大泉洋&松田龍平『探偵はBARにいる』シリーズ の概要がパッとわかる、第1作目レビュー

パブリックイメージを上手くアレンジし、大泉洋は硬派な魅力を発揮。むしろ松田龍平がバラエティ風味を醸し出すという"味付け"で勝負してくる映画。監督は人気TVドラマ『相棒』シリーズも手がける橋本一。スクリーンでもバディ物の腕をふるってみせる。
2020.03.15
タイトルで観る洋画

アイコンはブルース・リー。3部作の始まり『マトリックス』を聖書で解説

世紀末に誕生、ウォシャウスキー姉弟監督がキアヌ・リーブス主演で描いた映画はキリスト生誕のシミュレーション!? 肉体の受難、その劇画的な躍動をレビュー。『リローデッド』『レボリューション』と続く3部作の始まりを解説。
2020.02.16
スポンサーリンク