レビューで解説・勝新太郎自ら監督した『座頭市』はシリーズの宝!

館理人
館理人

なにせ監督が勝新太郎! 1989年の映画『座頭市』は、それまでのシリーズにあったサブタイトルがナシの勝負作。

館理人
館理人

映画は大ヒットとなりましたが、制作過程でトラブル連発、制作費はかさみ、死亡事故も起こってしまったことで、公開当時はそんな話題がセットとなった作品ではありました。

館理人
館理人

時を経て改めて鑑賞すれば、どっぷり世界に浸ってしまう面白さ!

スポンサーリンク

エンターテイナー勝新太郎まるわかりの純正映画

Photo by Geronimo Giqueaux on Unsplash


 自ら製作・監督、主演した勝新太郎版で最後の「座頭市」映画。

 何やら当初は、市ッつあんの元仲間の金貸しが緒形拳、老忍者の頭領に三木のり平、浪人は松田優作という配役で準備稿ができ、別案で中森明菜をヒロインにした恋物語バージョンも浮上。

館理人
館理人

それも観たかった!

 最終的には、緒形拳、三木のり平に、蟹江敬三、江幡高志、川谷拓三ら馴染みの顔に加え、内田裕也、陣内孝則、安岡カ也、ジョー山中といったニュー・イヤーズ・ロックフェスな面々をフィーチャー。

 実子・奥村雄大(後に改名・鴈龍)も参加させ、シリーズ集大成的な『座頭市』に仕上げた。

 宿場町の娘役、新人・草野とよ実に演出をつけるメイキングを観たことがあるが、勝新は女性を撮ることに長けた人だった(TVシリーズでの監督作をぜひ)。

 女親分・樋口可南子との艶っぽいシーンもあり、終盤の市ッつあん、一大ジェノサイドは毎度ながら壮絶。

 撮影時のリハ中、真剣による殺陣師の死亡事故という不幸に見舞われたが、映画で遊ぶことをとことん追求した宝物。再評価されるべき。

轟

映画秘宝2009年11月号掲載記事を改訂!

館理人
館理人

『座頭市』は、残念ながら動画配信サービスでは見当たりませんでした。鑑賞はDVDレンタルショップや、DVD宅配レンタルサービスで探すのが早そうです(2020年2月現在)

館理人
館理人

関連記事のご紹介!