敵キャラで選ぶ映画版『座頭市』シリーズおすすめ12タイトル

Photo by Anton Ivanchenko on Unsplash
管理人
管理人

『座頭市物語』(1962年)は、勝新太郎主演の映画です。以後シリーズ化、26作品が公開されました。

管理人
管理人

テレビドラマシリーズは、映画の後でした。勝新太郎主演で、1974年にスタート。製作は勝プロダクションです。

管理人
管理人

北野武監督の『座頭市』は、リメイク映画です。タップダンスシーン!も圧巻の、エンターテイメント性の高い作品。

管理人
管理人

リメイクは他にも!綾瀬はるか主演の『ICHI』。

香取慎吾主演の『座頭市 THE LAST』。

管理人
管理人

リメイクは海外でも!ルトガー・ハウアー主演の『ブラインド・フューリー』は、アメリカンな爆アレンジが効いてます。

管理人
管理人

『座頭市』のレビューはあまたありますが、ここでは敵キャラから観る『座頭市』を轟の復刻原稿でお届けです。敵キャラが素晴らしいと映画は面白い!『座頭市』の敵キャラ、イイですよ!

スポンサーリンク

表ベスト

アベンジャーズ的キャラコラボ『座頭市と用心棒』ほか、王道ならこのキャラとこのタイトル、ベスト6

『座頭市』シリーズのベスト敵キャラ5選となれば、まずはこの2つのキャラは誰が選んでも確実にインするだろう。

丸木橋での一瞬の勝負。
「見事だ。つまらん奴の手にかかるより責公に斬られたかった」
の名ゼリフを残す『座頭市物語』平手造酒(天知茂)。

館理人
館理人

『座頭市物語』の監督は三隅研次。映画の『子連れ狼』シリーズや、テレビドラマでは『必殺』シリーズなどを演出してます。

そして、殺陣師なしでのガチンコ対決を繰り広げた『座頭市血煙り街道』の謎の侍、実は公儀隠密の赤塚多十郎(近衛十四郎)。

館理人
館理人

こちら『座頭市血煙り街道』も三隅研次監督作です。

あるいは、馬に乗って鞭でビシビシと市ッつあんを叩き、地面を引きずり回したあげく、落馬して首を打つシーンが衝撃的な『座頭市千両首』仙場十四郎(城健三朗=若山富三郎)も。

館理人
館理人

若山富三郎は勝新太郎の実兄ですヨ

互いに心魅かれて道中を共にするも、歩きながら棋譜を頭に浮かべ、王手をかけた瞬間、雌雄を決することになる『座頭市地嶽旅』十文字糺(成田三樹夫)もたいてい入るはず。

あとは夢の対決2本、『座頭市と用心棒』佐々大作(三船敏郎)。

館理人
館理人

『座頭市と用心棒』はすごいです、黒澤明映画『用心棒』の主役でスター三船敏郎が敵キャラという夢のコラボ、いわばアベンジャーズ!

座頭市シリーズでは最高の興行収入でした。

異種格闘技戦の『新座頭市 破れ!唐人剣』の王剛(ジミー・ウオング)のどちらにしようかと迷って・・・・・あっ、5選なのにもう6人になっちゃった。

館理人
館理人

ジミー・ウオングは香港のアクションスター!

まあ、こちらを表ベストの常連としとくなら、あまり触れられない敵キャラたちも一瞥しておきたい。

スポンサーリンク

裏ベスト

三國連太郎に仲代達矢、森雅之、石橋蓮司、蟹江敬三・・・。役者揃いの裏キャラが立ってるタイトル、ベスト7

公開順に挙げると、まずは市ッつあんが最初に草鞋を脱いだセコい親分、最後には
「やくざぁな、御法度の裏街道を行く渡世だ、いわば天下の悪党だ」
と市に一喝されちゃう『座頭市物語』飯岡助五郎(柳永ニ郎)。

館理人
館理人

また登場です、シリーズ第一作目、『座頭市物語』!

浪曲や講談でもお馴染みのこの侠客、『続・座頭市物語』ではついに市ッつあんに叩っ斬られてしまう。

館理人
館理人

監督は森一生。テレビドラマ版『座頭市』や『横溝正史』シリーズなんかも手がけてます。

『新・座頭市物語』の剣の師匠・伴野弥十郎(河津清三郎)や、『座頭市あばれ凧』での吃音のある竹屋の安五郎(遠藤辰雄、のちに太津朗)は、犬塚稔脚本ならではの屈折した人物造形が心に残る。

子分に蟹江敬三や石橋蓮司ら“勝新ファミリー”を従えた『座頭市御用旅』の親分・鉄五郎(三國連太郎)、その用心棒の居合の達人、相良伝十郎(高橋悦史)の見事な負けっぷりも称賛に値しよう。

『新座頭市物語 折れた杖』の小悪党・鍵屋萬五郎(小池朝雄)は、利き腕を潰されたジャンゴ、ではなくて、市ッつあんにどてっ腹刺し抜かれ、いまわの際に「かんべんしろって、言ってるじゃねえか・・・」の爆笑ゼリフ。

まさに小悪党の鑑、「言っ・てる・じゃ・ね・え・か・・・」と、未練たっぷりに声を出し、事切れていくのがさすが池朝雄イズム。

『座頭市あばれ火祭り』に登場する2人、名優・森雅之が演じた盲目の悪の将軍「闇公方」と、偏執狂的な浪人(仲代達矢)がまたどちらも異色キャラで、これも忘れ難い。

仲代は、阪本順治監督、香取慎吾主演の『座頭市 THE LAST』にも敵役で出ているので、いわば正統『座頭市』の因子を受け継ぐ者として注目。

他にも、大島渚映画とは一味違う、佐藤慶、戸浦六宏、小松方正の“創造社”メンバ一のやんちゃぶりなども挙げたかったのたが、残念ながらキリがない。

館理人
館理人

創造社は、大島渚監督(『戦場のメリークリスマス』など)が仲間と立ち上げた映画製作会社です。

とにもかくにもどの役も、ちゃ〜んとキャラが立っている『座頭市』シリーズ、面白いわけである。

轟

映画秘宝2009年11月号掲載記事を改訂!

館理人
館理人

『座頭市』関連記事のご紹介!

館理人
館理人

ご紹介タイトルは一部を除きAmazonプライムビデオで取り扱いがあります。(2020年2月現在)