闇金大河ドラマ!人気シリーズ・ウシジマくんの映画完結版。実写化を突っ走った山田孝之の男の顔必見!『闇金ウシジマくん・ザ・ファイナル』

館理人
館理人

シリーズ映画の完結編のご紹介です。

館理人
館理人

『闇金ウシジマくん・ザ・ファイナル』(2016年)は監督:山口雅俊、出演:山田孝之、綾野剛、永山絢斗、狩野見恭兵、間宮祥太朗、ほか

館理人
館理人

レビューをどうぞ!

スポンサーリンク

今まで謎であった“スーパー鉄面皮”の心の奥底が見えてくるウシジマ少年時代のエピソードも!

闇金業者・丑嶋馨を主人公に、裏社会を活写した真鍋昌平のコミックを実写映像化したシリーズの最終作。

2010年の深夜ドラマを皮切りにスタート、延べTV版3シーズン、劇場版4本が作られた。

丑嶋の中学時代の同級生・竹本(永山絢斗)がカウカウファイナンスに現れ、そこから物語は悪徳貧困ビジネスをめぐる壮絶バトルへと雪崩れこむ。

   ・   ・   ・

 眺めている分には面白いが、実際には絶対にカネを借りたくない金融屋が「カウカウファイナンス」だろう。とにかく“トゴ(10日で5割の利子)”ですからね。超暴利!

 その闇金会社の社長・丑嶋馨の、酸いも甘いも噛み分けた冷徹なジャッジメント、そしてドイヒー過ぎる債務者たちのリアルな生態が楽しめる『闇金ウシジマくん』シリーズ。

 深夜ドラマと映画でもって6年間も続いてきたわけだが、ついに映画は“ファイナル”と相成った。

 完結へと至ったのは、何があっても動じない、ウシジマくんの特異なカリスマキャラにシリーズを通じて完全に同化してしまった山田孝之が「やりきった」感をおぼえたからだそう。

 原作のなかでも人気の高いエピソード「ヤミ金くん編」を中心にし、初めてウシジマの少年時代が明らかとなり、今まで謎であった“スーパー鉄面皮”の心の奥底が見えてくるのが特筆モノだ。

 当シリーズから躍進したアクターは柳楽優弥、菅田将暉、窪田正孝、門脇麦、岸井ゆきの、高橋メアリージュンなど数知れず。いわば若手俳優の登竜門であった。

 今回は、中学時代のウシジマを演じた狩野見恭兵が凄い。ツラ構えに喋り方、瞬きを一切しない佇まいがもうソックリ。

 それと、ウシジマと敵対する鰐戸三兄弟の狂犬、異様な容姿で残虐非道な三蔵役、間宮祥太朗の振り切ったなりきりぶりがヤバイ!

 シリーズを立ち上げ、毎回危険球スレスレのボールを投げ込み続けてきた監督山口雅俊の、肝の据わった演出もアッパレである。

 プロデュース作であるドラマ、街金の営業マンが主人公の『ナニワ金融道』や、行政書士事務所を舞台にした『カバチタレ!』と、以前からDQNな人々を描かせたら抜群だったが、さらに踏み込んでいる。

 何よりこの“闇金”大河ドラマにピリオドを打った山田孝之の、ラストの顔。無表情無言にして雄弁な男の顔を見届けてほしい。

轟

週刊SPA!2017年3月21日、28日発売号掲載記事を改訂!