10106ki

日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノ映画レビュー『後から前から』畑中葉子の魅力を振り返る!

歌手・女優、畑中葉子の魅力を振り返る!〜もともとは彼女、平尾昌晃歌謡教室の生徒だったんだよね。高校を卒業した1978年、その平尾とのデュエット曲「カナダからの手紙」が大ヒットし、彼女の激動の芸能生活が始まるんだ〜
テーマで観る

俳優語り!和製ドラキュラを違和感なく出現させた怪優【岸田 森】

この人が出ているだけでイッツ・オーライ!作品に付加価値を与え続けてきた男。和製ドラキュラで日本のクリストファー・リー。毎回、メーキャップと衣装と演技プランは凝りに凝って、喜怒哀楽を滲ませた決めの表情(得意の死に顔も含め!)を披露した…
2020.08.10
日活ロマンポルノ

解る!おすすめレトロマン『ラスト・キャバレー』

『ガメラ』シリーズの金子修介監督と、名バイプレーヤー大地康雄が残したロマンポルノの終わりの始まり。今絶賛注目のコンテンツ、日活ロマンポルノのおすすめをカルチャー視点で解説。いろいろ繋がるエンタメをまるっとチェック!
2020.08.10
どこでも動画ツール考

日活ロマンポルノも新作映画もスマホ・PCで観るなら動画配信を比較してU-NEXTがおすすめの理由

R18+の一般映画ですから、他の映画と一緒に見放題で楽しむが正解。タイトルをマメにチェックして分かった!定額動画配信サービスU-NEXTがおすすめの理由、見放題のタイトルが充実しています。
2020.08.10
タイトルで観るアニメ

読む映画リバイバル『河童のクゥと夏休み』

現代を生きられない河童=マイノリティ。「クレしん」原監督による“大人泣き”アニメ (2008年6月10日号より)  その鳴き声から、「クゥ」と名づけられた河童の子供と少年の物語。原恵一監督の『河童のクゥと夏休み』は、一見、子供向きではある...
2020.08.10
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノ映画レビュー『暴る!』ハードボイルド派・長谷部安春監督作

日活ニューアクションのハードボイルド派、長谷部安春監督作。スタイリッシュなオープニングと豪華な男性俳優陣も見所。出演:八城夏子、椎谷建治、石山雄大、本田博太郎、今井健二ほか
2020.08.10
選抜タイトル

ホラー映画、おすすめ選抜17本!カルト・定番・名作・邦画・洋画・お笑い系・エンタメ系も!

ホラー映画もいろんなタイプ、あります! あれこれの名作・迷作・怪作を洋画邦画選抜17本ご紹介!『エスター』『血を吸うカメラ』『炎の少女チャーリー』『イット・フォローズ』『ミスト』『ヒルズ・ハブ・アイズ』『狩人の夜』『インフェルノ』…
2020.08.10
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノ映画レビュー『ラブホテル』監督・相米慎二、撮影・篠田昇のお宝!

監督:相米慎二、撮影:篠田昇、原作脚本:石井隆、出演:寺田農、音楽は山口百恵「夜へ」、もんた&ブラザース「赤いアンブレラ」…。役者もスタッフも音楽も!揃いもそろったロマンポルノのお宝映画です!
2020.08.10
日活ロマンポルノ

解る!おすすめレトロマン『団地妻 昼下りの情事』

起死回生をかけて日活が放ったレーベル第一弾は、大ヒットをもたらした渾身作。絶賛注目レトロマンのおすすめをカルチャー解説。色々繋がる関連エンタメコンテンツもまるっとチェック!
2020.08.10
日活ロマンポルノ

解る!おすすめレトロマン『堕靡泥の星 美少女狩り』

菅原文太さんが『トラック野郎』の役柄そのままで登場!『トラック野郎』の鈴木則文監督作ならではの遊びが面白い。絶賛注目レトロマンのおすすめをカルチャー解説。色々繋がる関連エンタメコンテンツもまるっとチェック!
2020.08.10
タイトルで観る洋画

『彼は秘密の女ともだち』フランス発、男女超えのアクロバティック・ラブコメ!

性の同一性とはあらかじめ決められたものではなく、相手との関係性次第という至極まっとうな風通しの良いメッセージ。観る人によって解釈が変わる含みを持たせたオープンエンドもいいアクロバティックなラブコメ。フランソワ・オゾン監督。
2020.08.10
タイトルで観る洋画

クロスジャンル・エンタメのお手本!『マディソン郡の橋』原作(ベストセラー小説)の、イーストウッド流映画化手腕

Photo by William Bayreuther on Unsplash 館理人 『マディソン郡の橋』は、原作本も映画も、いずれも大ヒット! 20年以上前の作品ですが、電子書籍化も動画配信サービスもされていて、両方それぞれの世...
2020.08.10
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノ映画レビュー『濡れた唇』神代辰巳監督作、セリフが染みる…

神代辰巳監督の日活ロマンポルノ、デビュー作。絵沢萠子、谷本一主演。脚本クレジットは、こうやまきよみ。山口清一郎と神代監督との合同ペンネームで、漢字に直せば、神山清巳。
2020.08.10
NEWS

水川あさみさんにインタビューしました

水川あさみさんに、主演した映画『喜劇 愛妻物語』についてのお話をうかがいました。 インタビュー記事は発売中の雑誌シネマスクエアにて掲載です。 『喜劇 愛妻物語』は9月11日公開です! 喜劇愛妻物語公式HPより  ...
2020.08.10
テーマで観る

ミュージシャンで俳優の最重要級=内田裕也と萩原健一と。共通のキーパーソンが神代辰巳監督のわけ

古今東西、映画史には脈々と「ミュージシャン兼俳優」の異形の輝きが刻まれている。内田裕也と萩原健一はその最重要級。それぞれとタッグを組み、永遠の傑作映画・ドラマを残した神代辰巳監督作からふたりの奇跡の軌跡を振り返る。
2020.08.09
タイトルで観る邦画

「好き」という感情がいかに野放図で暴力的かを飄々と綴る、モト冬樹生誕60周年記念映画!『こっぴどい猫』

モト冬樹主演!総勢15人の男女の込み入った恋愛模様を見せ、「好き」という感情がいかに野放図で暴力的かを飄々と綴る。ダンスシーンのない『ロシュフォールの恋人たち』だと例えれば、ミシェル・ルグランの音楽の代わりが、バッハの遁走曲!
2020.08.09
スポンサーリンク