監督

テーマ・映画人で観る

ジャン=リュック・ゴダールとは。ヌーヴェル・ヴァーグとは。映画通のワードを一から解説!

ファッション、音楽、ミューズのアンナ・カリーナ、映像的パンク。タランティーノ、坂本龍一、ピチカート・ファイブ。圧倒的なセンスに世界が影響されたゴダールを初心者向けに解説。登場する映画は全部おすすめ!
2020.10.22
インタビュー

蔵出しインタビュー・監督【小沼勝】ロマンポルノの巨匠から映画を学ぶ!

「日活は、ピンク映画で活躍していた谷さんにずっとラブコール送っていて、団鬼六さん原作の『花と蛇』でようやくそれが実現したんです。僕としてはどんな題材でも試みとしてやってみようと。ところがね、原作を何回読んでもよく理解できないんだ(笑)…」
2020.10.19
テーマ・映画人で観る

監督語り【森崎東】人への優しさと傲慢さへの怒り。喜劇で涙腺を決壊させる力技!

初期の映画は便宜上、タイトルに往々にして“喜劇”とつけられていたが、ファンのあいだでは“怒劇”と呼ばれ、“喜劇”なのに涙腺を決壊させることもしばしばだった。そんな森崎節は、監督デビュー作『喜劇・女は度胸』(1969年)から全開である…
2020.10.19
テーマ・映画人で観る

監督語り【西村潔】とは?東宝ニューアクションの中核、巧みな音楽遣い!

1960年代後半から70年代前半にかけての東宝ニューアクション映画解説!先駆といえば、須川栄三監督のピカレスク・ロマン。その中で闇カジノの用心棒のひとり、“はじきの安”として出演したのが後に東宝ニューアクションの中核となる西村潔であった。
2020.10.01
テーマ・映画人で観る

「伊丹チルドレン」集合! キャスティングと演出の絶妙〜伊丹十三映画に出た役者・俳優、伊丹十三映画から出た演出家・監督

伊丹チルドレン集合!伊丹映画に出た役者・俳優、伊丹映画に影響を受けた演出家・監督たちを一気見。…長編監督デビュー作『お葬式』を彩った、バラエティ豊かな面々。ともかく“いい顔”をした大人たちを伊丹十三はそこに集めてみせた…
2020.09.28
テーマ・映画人で観る

監督語り【須川栄三】とは?東宝ニューアクションの旗手、仲代達矢主演の『野獣死すべし』など

Photo by Ryan on Unsplash 館理人 仲代達矢主演作『野獣死すべし』を撮った監督、須川栄三を語るレビューです。 館理人 まずはざっくりプロフィール! 須川 栄三・プロフィール すがわ・えい...
テーマ・映画人で観る

監督語り【大島渚】ゴダールも認める、スキャンダラスな元祖ヌーヴェル・ヴァーグ旗手

『青春残酷物語』に日本映画全体が揺れた。それまでタブーだった“セックスと犯罪”のテーマが前面に押し出されていたのだから。やがて大島渚は政治的にも尖鋭化、行動し論争するスキャンダルな作家として1960年代を疾走した…
テーマ・映画人で観る

鋭い人間洞察で市井をスケッチする映画俳人【監督・小津安二郎】を好きな世界の監督、一挙紹介!

鋭い人間洞察で市井をスケッチする映画俳人、小津安二郎監督。その映画に影響を受けたという映画監督が世界のあちこちにこんなにも!ガス・ヴァン・サント、ウォン・カーウァイ、ヴィム・ヴェンダース、マイク・リー、ダニエル・シュミット…
2020.09.08
テーマ・映画人で観る

黒澤明リスペクトな世界の映画監督は誰?そうそうたる映画人とお気に入り黒澤映画一挙紹介

黒澤明リスペクトな世界の映画監督は誰?そうそうたる映画人とお気に入り黒澤映画一挙紹介
2020.09.07
テーマ・映画人で観る

監督語り/石井輝男の映画魂〜キング・オブ・カルトの異才

ジョン・ウー監督が来日した際のインタビュー時、ウー氏が尊敬する石井輝男監督の話になった。「石井先生はお元気ですか?」と訊かれた。「残念ながら、すでに亡くなられました」と答えると、ひどく驚かれた表情をウー氏は一瞬見せた…
テーマ・映画人で観る

人気クリント・イーストウッド映画はスローモーション描写がキモ!

技法から観ると傑作はもっと面白い。アメリカン・スナイパー/マディソン郡の橋/ミリオンダラー・ベイビー/ヒア アフター/インビクタス/アメリカン・スナイパー
2020.08.15
テーマ・映画人で観る

監督語り【相米慎二】とは? 今、それでも相米慎二を観るべき理由…面白くて哀しくて圧倒的だから!

面白くて哀しくて圧倒的、一生モンの付き合いになる相米映画。たとえば『台風クラブ』でダメ〜な教師を演じた三浦友和。『松ヶ根乱射事件』の山下敦弘監督、『転々』の三木聡監督は自作に応用、三浦友和は、キネマ旬報ベスト・テンやブルーリボン賞で助演男優賞に輝いた…
2020.08.09
テーマ・映画人で観る

自作自演の御三家ウディ・アレン、イーストウッド、ゴダール を比較、極意を探る

俳優として演じ、監督してまとめ上げるエキスパート、ウディ・アレン、クリント・イーストウッド、ジャン=リュック・ゴダールの3人の個性に、自作自演する理由を探る。
2020.07.21
テーマ・映画人で観る

監督語り/巨匠の理由【増村保造】〜情熱の増村映画の魅力と、エロキュートなヒロイン【若尾文子】

キュートで妖艶、情熱的で時に引くほど怖い若尾文子のヒロイン映画、市川雷蔵や勝新太郎との傑作…。映画監督・増村保造の作品の魅力と面白さを解説!…構図の中心に登場人物の顔をおさめた安定したミディアム・ショット、マシンガントークの応酬、スピーディーな編集…
2020.07.19
テーマ・映画人で観る

監督語り【深作欣二】とは。死の直前まで取り続けたバトルムービーの数々と、作風の軌跡を解説!

アクション映画のみならず、あらゆるジャンルに挑み、死の直前まで撮り続けた映画監督。タランティーノ監督ほか、海外にも影響を与えたアナーキーな作風は唯一無二。『仁義なき戦い』『魔界転生』『蒲田行進曲』『火宅の人』『バトル・ロワイアル』…
2020.07.05
テーマ・映画人で観る

監督語り/時代と駆け引きし大胆にギャンブルし続けた森田芳光のヒストリー〜その先駆性と大衆性

時代と駆け引きし大胆にギャンブルし続け、先鋭的な演出法と大衆性をどう両立させるか常に試行錯誤してきた。『の・ようなもの』『家族ゲーム』『ときめきに死す』『メインテーマ』『(ハル)』『失楽園』『模倣犯』『武士の家計簿』『わたし出すわ』…
2020.06.16
テーマ・映画人で観る

音楽と喧騒的沈黙。北野武映画を振り返り、静寂への意志を読み取る

『あの夏、いちばん静かな海。』『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』『その男、凶暴につき』『HANA-BI』『座頭市』『3-4X10月』
2020.02.10
スポンサーリンク