ホラー

日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノ復刻コラム『天使のはらわた 名美』〜人気シリーズ第三弾!

ちいちいこと地井武男さん出演作。雨の日は鑑賞をおすすめしない問題勃発? 今絶賛注目のコンテンツ、日活ロマンポルノのおすすめをカルチャー視点で解説。いろいろ繋がるエンタメをまるっとチェック!
2021.01.02
タイトルで観る洋画

ワンピース(イワンコフ)元ネタ映画『ロッキー・ホラー・ショー』とは?カルトな人気魅力を解説&考察!

キッチュにしてスキャンダラス。濃厚に漂うグラム感覚。コール&レスポンス、ライブ感溢れるパーティ、それがロッキー・ホラー・ショー!日本公開当時のポスターのキャッチコピーは次のようであった。「笑いと恐怖とSEXが1950年のロッカ・バラードに彩られて爆発する異色ミュージカル大作!」
2020.09.19
タイトルで観る洋画

今更聞けないド定番サイコスリラー『羊たちの沈黙』の羊の意味? レクター博士の猟奇殺人ホラー映画解説

レクター博士の猟奇殺人ホラー、今更聞けない羊の解釈とは?ハンニバル・レクター?レクター博士? クラリス?丸ごと解説。キーワード「子羊」の意味を探るほど『羊たちの沈黙』は面白くなる!監督ジョナサン・デミ出演アンソニー・ホプキンス、ジョディ・フォスター
タイトルで観るアニメ

感動ホラーアニメ『パラノーマン ブライス・ホローの謎』魔女との対決とは己の分身との対決なのだ!

300年前に封印された魔女の魂復活の阻止ーー実話「セイラム魔女裁判」を下敷きにかなりシリアスな設定が提示される。で、つまるところ魔女との対決とは己の分身との対決でもあり、この構図が深い感動を呼び覚ます!
テーマ・映画人で観る

めくるめく耽美、幻想。1950〜70年代のホラーの源流、ロマン・ホラー映画を大解説!

めくるめく耽美、幻想。ホラー映画の歴史を紐解くレビュー。…1950年代怪奇映画の常連、さらには1960年代の前半に、『アッシャー家の惨劇』『恐怖の振子』『黒猫の怨霊』『大鴉』『赤死病の仮面』といった工ドガー・アラン・ポー原作の(安手の)怪奇幻想映画に出演した名優ヴィンセント・プライス…
2020.09.01
タイトルで観る洋画

早すぎたセカイ系ホラー『ポゼッション』先が読めない不条理にいまもファンが離れない!

館理人 強烈な世界観を持つ1981年のフランス映画のご紹介です! 館理人 レビューをどうぞ! アジャーニの全身女優ぶり、天晴れ! 【概要】劇場公開後のDVDが廃盤になるとDVD中古価格が高騰しプレミ...
2020.08.20
タイトルで観る洋画

映画史に残るとんでもない悪漢にゾワッ!大金を求めて標的を執拗に追う男が圧倒的!『狩人の夜』

大金を求めて標的を執拗に追う男。右手の指の甲には「LOVE」、左手には「HATE」の刺青。愛と憎しみに葛藤しつつ、大金を隠して逃げる子供たちを執拗に追いかける!チャールズ・ロートン監督作、ロバート・ミッチャム出演。
2020.08.19
選抜タイトル

ホラー映画、おすすめ選抜17本!カルト・定番・名作・邦画・洋画・お笑い系・エンタメ系も!

ホラー映画もいろんなタイプ、あります! あれこれの名作・迷作・怪作を洋画邦画選抜17本ご紹介!『エスター』『血を吸うカメラ』『炎の少女チャーリー』『イット・フォローズ』『ミスト』『ヒルズ・ハブ・アイズ』『狩人の夜』『インフェルノ』…
2020.08.10
タイトルで観る邦画

ジャパニーズ・ホラーの火付け役、そもそもの『リング』『らせん』とは?分かる『リング』シリーズ解説

『リング』『貞子』に、ハリウッド版、貞子vs伽椰子…?大人気ホラーなのにややこしいので、シリーズを分かりやすく解説。そもそもの『リング』と『らせん』の熱狂もご紹介。Netflix『呪怨 呪いの家』脚本の高橋洋は、あの『リング』の脚本家!
タイトルで観る邦画

「バケモノにはバケモノをぶつけんだよ!」クロスオーバーでもギャグじゃない!サービス満載エンタメホラー『貞子VS伽倻子』

「バケモノにはバケモノをぶつけんだよ!」で、海外にも名が通っている『リング』シリーズの山村貞子、『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子がクロスオーバー。でもギャグじゃない!“凄腕興行師”白石晃士監督によるサービス満載のエンタメホラー。
2020.07.17
タイトルで観る洋画

名匠マイケル・パウエル監督が撮った、撮影所カメラマン助手=淫楽殺人者のメチャ怖カルトホラー『血を吸うカメラ』

撮影所カメラマン助手=淫楽殺人者のメチャ怖ホラー。猟奇殺人を描きながら、映画自体は猟奇的ではなく、どこか格調を帯びているのが本作の凄さ。名作の巨匠監督がダークサイドを正直に出しつつ、十八番の夢魔的世界をいっそう追求した作品。
2020.06.22
タイトルで観る洋画

『RAW 少女のめざめ』ベジタリアンの少女が突如、人間の肉に目覚めるホラー、かつ青春映画!斬新にして大変ヤバい…

姉妹映画としても青春映画としても斬新にして大変ヤバいホラー映画!ショッキングな題材にもかかわらずカンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞。監督はジュリア・デュクルノー、才気溢れるフランス人女性。
2020.06.17
タイトルで観る洋画

ツッコんで笑うもよしの多目的スパニッシュホラー『REC/レック』人気シリーズの第一弾。

人気シリーズ第一弾。お化け屋敷のような閉所感覚を怖がってもよし。事態のトンデモなさにツッコみながら笑うのもあり。はたまた、ヒロインの阿鼻叫喚ぶりにサディスティックな興奮を覚えちゃうのもいい。全編ビデオカメラを駆使したスペインのホラー映画。
2020.06.17
タイトルで観る洋画

笑いあり、首チョンパありの異色作。ホラーコメディというよりホラーコントか?『ツイてない男』

ホラーコメディというよりホラーコントか?『ツイてない男』ドリフの『8時だョ!全員集合』的に言えば、「志村ぁ〜、後ろ後ろ!」な展開が続出!スティーブン・ドーフ主演、キット・ライアン監督作。
2020.06.12
タイトルで観る洋画

サム・ライミ監督がやりたい放題!怪婆がホラーながら、笑いへと誘う『スペル』

史上最強の老婆を造形し、入れ歯&吐瀉物ネタ、目ン玉飛ばし、さらにあの手この手の嫌がらせ。巷のお化け屋敷が大丈夫なら、一級のコメディとして楽しめる!『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督作。
2020.06.11
タイトルで観る邦画

1970年代のオカルト映画ブームが生んだ異形の怪作カルトホラー。大和田伸也の鬼気迫る形相!『犬神の悪霊』

迫害され惨殺されてしまう一家の怨念。封印された怪作。大和田伸也の鬼気迫る形相は本作を封印しようとしていたものに異議申し立てのようで、感動的ですらある。伊藤俊哉監督作。
2020.06.11
タイトルで観る洋画

名作ホラー『悪魔のいけにえ』のリメイクが『テキサス・チェーンソー』で、その前日談!殺人鬼ホイト保安官の誕生を描く『テキサス・チェーンソー ビギニング』

名作ホラー『悪魔のいけにえ』のリメイクが『テキサス・チェーンソー』で、その前日談が本作!人の皮をつなぎ合わせたマスクをかぶり、チェーンソーを振り回す殺人鬼はいかにして産まれ、異常な人格へと育っていったのか。ホイト保安官の誕生を描く。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

心理劇としても秀逸。ラストでもう一度初めから観直したくなるサスペンス・スリラーなホラー映画『エスター』

なぜエスターは温かい家族に対して蛮行に出たのか。その理由がだまし絵的に浮きあがり、ラストにわかる仕掛け。もう一度初めから観直したくなるサスペンス・スリラーなホラー。ジャウム・コレット=セラ監督作。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

オリジナル同様に封印されかけた傑作ホラーのリメイク版!フランス人監督が残酷描写も容赦なく「アメリカ批判」を画にしていく!『ヒルズ・ハブ・アイズ』

フランス人監督が残酷描写も容赦なく「アメリカ批判」を画にしていく!リメイクはこうすべしと突き付ける、鑑のような作品。カルトホラー映画『サランドラ』のリメイクで、アレクサンドル・アジャ監督作品。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

得体の知れない白い恐怖…原作者スティーブン・キング曰く「ラスト15分について口外した者、絞首刑に処す!」『ミスト』

映画について原作者スティーブン・キング曰く「ラスト15分について口外した者、絞首刑に処す!」。迫り来るモンスターよりも残忍で、かつ怖いのは不信感に満ちた人間だ! 監督は『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボン。
2020.05.27
タイトルで観る洋画

低予算で大ヒットの新感覚ホラー『イット・フォローズ』の、標的を追い続ける「それ」とは?

標的をとことん追い続ける「It=それ」とはいったい?ネットを開けばすぐ答えが出てくるご時世に「それ」の正体を独自に探ってみるのも一興。監督はデヴィッド・ロバート・ミッチェル、ヒロインは『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』のマイカ・モンロー。
タイトルで観る洋画

元天才子役ドリュー・バリモアの波乱万丈な半生と重ねて鑑賞するも一興『炎の少女チャーリー』

ドリュー・バリモアの子役時代の主演作。パイロキネシス(自然発火)能力を身につけた少女のサバイバル劇。その後の波乱万丈な彼女の半生と重ねて鑑賞するも一興。スティーブン・キングの原作をマーク・L・レスター監督が映画化。
タイトルで観る洋画

『サスペリア』シリーズの方の『インフェルノ』、「怖がらせるためには何でもあり」演出満載の支離滅裂ホラー

人工的に作り込まれた幻想世界が展開、論理では測れないお伽噺。トム・ハンクス主演の『インフェルノ』ではなく、イタリアン・ホラーの鬼才、ダリオ・アルジェント監督『サスペリア』シリーズの方の『インフェルノ』のレビュー。
2020.04.02
タイトルで観る洋画

アカデミー賞4冠、最凶の殺し屋の顔が必見。コーエン兄弟監督映画おすすめの1本『ノーカントリー』

アカデミー賞4冠。アメリカの挫折=ベトナム戦争を体験した凶悪犯と、それを追う警官。ふたりの迫力のある顔に、イラク戦争以降のアメリカの顔が見える、監督&脚本のコーエン兄弟の手腕。演じるはハビエル・バルデムとトミー・リー・ジョーンズ。
2020.03.15
スポンサーリンク