元天才子役ドリュー・バリモアの波乱万丈な半生と重ねて鑑賞するも一興『炎の少女チャーリー』

館理人
館理人

スティーブン・キングの原作をマーク・L・レスター監督が映画化、主演がドリュー・バリモアの『炎の少女チャーリー』をレビューにてご紹介です。

スポンサーリンク

公開当時は原作者スティーブン・キングも擁護なしだった、まだCG導入以前の“手づくり”B級ムービー

Photo by Cullan Smith on Unsplash

共演者が大変豪勢。アート・カーニー、ルイーズ・フレッチャー、ジョージ・C・スコットと、オスカー受賞名優がそろい踏み。

特にスコットが演じた殺し屋の変態ぶりに、上司役マーティン・シーンが呆れた顔を見せる場面は笑えます!

館理人
館理人

ちなみにマーク・L・レスター監督はシュワルツェネッガー主演のバトルアクション『コマンドー』や…

コメディ映画も撮っています。

   ・   ・   ・

 数年前にリメイクのニュースがあった『炎の少女チャーリー』。

 言わずと知れたスティーブン・キング原作で1984年に公開された映画だが、あのリメイク話、一体どこへ行っちゃったんだろう?

館理人
館理人

2018年にリメイク製作のニュースがありました。監督に『女は二度決断する』ファティ・アキン!決定という情報でした。

 な〜んてコトを思い出した。

 主演は当時8歳、『E.T.』の演技で“天才子役”の名を欲しいままにしていたドリュー・バリモア。

 しかし封切り時、(彼女の芝居はさておいて)この映画の評判は良くなかった。原作者のキングも擁護することなどなく、バッサリと切り捨てた。

 だが! これが時の流れによって何とも味わい深い作品に変わっていた。早い話が、パイロキネシス(自然発火)能力を身につけた少女のサバイバル劇。

 まだCG導入以前の“手づくり”B級ムービーである。

 政府の薬物実験を受けた両親から生まれ、幼少期から早くも彼女の「受難の人生」は始まる、という設定が、女優ドリュー・バリモアの波瀾の歩みとダブって見えるのだ。

 同じく超能力を持つ父親と共に逃げ回ったあげく、政府の特殊機関に捕まり、幽閉され、人体実験を強制されるチャーリー。

 クライマックスには怒髪天を衝き、怒りのロケット花火、炎の大玉を「ファイヤー!」と飛ばす。

 一方の炎の少女ドリューは10代にして、アルコールとドラッグ依存、自殺未遂といったスキャンダル花火を本作の後に連発。

 理由の一端には性格破綻者であった父親のせいもあって、ドリューは愛に飢えていた。

 劇中、父親の身を案ずるチャーリーの姿は「こうありたかった」というドリューの本音のよう。

 ご存知のとおり、奇跡のV字回復を果たし、女優のみならず製作者、監督としても成功、プライベートでも2児の母となった彼女は現在45歳(2020年現在)、3度の離婚歴あり。

 これはもう自ら『炎の少女チャーリー』をリメイクしてほしい。主演はむろん我が子が8歳になったときに、ぜひ!

轟

週刊SPA!2016年5月24日発売号掲載記事を改訂!

wowow