黒沢清

テーマ・映画人で観る

多くの映画監督がチャンスを求め掴んだ日活ロマンポルノ。どんな監督たち? どんな挑戦? あの時代の日本映画の潮流とともに大解説!

どんな監督たち? どんな挑戦? 斜陽にあった日本映画界での奮闘。数多くの監督たち(新人も含む)にとってそこは、自由に表現できる場であり、現場を学びチャンスを掴む場でもありました。監督と作品群から、ロマンポルノがわかる!
2020.10.21
インタビュー

復刻ロングインタビュー【監督・黒沢清】海獣(怪獣)映画の作り方!

2013年の映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』公開にあたり行ったインタビューにて、怪(海)獣映画につてあれこれ語っていただいた内容がとっても面白い!『海獣映画の作り方』が語られてます!!
2020.10.18
タイトルで観る邦画

『アカルイミライ』不確かな今を生きるすべての人々へ向けた明るい未来レッスン

海外でも熱烈に支持されている黒沢清監督作。それにしても、アカルイミライとはまたシンプルだが何とも謎めいたタイトルだ。ずばりこれは、「発光」に関する映画である…。出演:浅野忠信、オダギリジョー、藤竜也
2020.10.07
タイトルで観る邦画

ぶらり戻った死んだ夫(浅野忠信)と、生きている妻(深津絵里)のロードムービー『岸辺の旅』

ラブストーリーのラブとは相手を永遠に失いたくないという畏れ。「俺、死んだよ」3年間、行方知らずになっていた男はある日、突然妻の前に姿をあらわしてそう口にする…。黒沢清監督、出演・深津絵里、浅野忠信、蒼井優、ほか。
2020.09.13
テーマ・映画人で観る

めくるめく耽美、幻想。1950〜70年代のホラーの源流、ロマン・ホラー映画を大解説!

めくるめく耽美、幻想。ホラー映画の歴史を紐解くレビュー。…1950年代怪奇映画の常連、さらには1960年代の前半に、『アッシャー家の惨劇』『恐怖の振子』『黒猫の怨霊』『大鴉』『赤死病の仮面』といった工ドガー・アラン・ポー原作の(安手の)怪奇幻想映画に出演した名優ヴィンセント・プライス…
2020.09.01
スポンサーリンク