座頭市

テーマ・映画人で観る

相米慎二監督全13作で楽しむ、撮影監督10人の仕事

いずれも映画の虚構性を逆手に存分に遊び倒した相米慎二のイマジネーションを具現化してきた猛者たち。水野尾信正、仙元誠三、田村正毅、長沼六男、篠田昇、伊藤昭裕、五十畑幸勇、稲垣涌三、栗田豊通、町田博を一挙紹介。
テーマ・映画人で観る

よく分かる!勝新太郎『座頭市』シリーズとは。全体像とおすすめ映画を徹底解説。何がすごい?面白い?

徹底解説。何がどうすごい?面白い?世にシリーズ映画は数多くあれど、量質これほどまでに充実しているものもないだろう。主人公は座頭市。子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」から生まれた異形のヒーロー。演じるは勝新太郎。大映に市川雷蔵と同期入社し…
2020.07.24
タイトルで観る邦画

レビューで解説・勝新太郎自ら監督した『座頭市』はシリーズの宝!

樋口可南子、緒形拳、三木のり平、蟹江敬三、江幡高志、川谷拓三、内田裕也、陣内孝則、安岡カ也、ジョー中山、鴈龍…。遊ぶことを追求した映画に勝新が見える!
2020.06.14
テーマ・映画人で観る

敵キャラで選ぶ映画版『座頭市』シリーズおすすめ12タイトル

アベンジャーズ的コラボ『座頭市と用心棒』で三船敏郎!他、三國連太郎に仲代達矢、森雅之、石橋蓮司、蟹江敬三…。役者揃いの裏キャラに注目
2020.06.14
タイトルで観る邦画

タイトルからは伝わらない『座頭市血笑旅』が勝新シリーズ内傑作でおすすめ

座頭市が突然赤ちゃんの世話をすることに。即席パパ奮闘記で泣ける映画だってこと、タイトルからは分からないからレビューで紹介!
2020.02.15
スポンサーリンク