「是枝裕和監督の映画で語れるやつ!」テーマ別おすすめ動画厳選3本レビュー

Photo by Марьян Блан | @marjanblan on Unsplash
館理人
館理人

今、世界で最も注目されている日本人映画監督のひとり、是枝裕和監督。

館理人
館理人

大きな賞をとった作品といえば、『万引き家族』です。

館理人
館理人

カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞。日本人監督としては、『地獄門』の衣笠貞之助、『影武者』の黒澤明、『楢山節考』と『うなぎ』の今村昌平に続き、4人目でしたが、21年ぶりの受賞。

館理人
館理人

その次の作品となった『真実』はカトリーヌ・ドヌーブ、ジュリエット・ビノシュ出演作。ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門オープニング作品となりました。

館理人
館理人

そんな是枝裕和監督作、遡って観るならコレ!な3本を勝手に厳選、ご紹介です。それぞれのレビューはリンク先でごらんください。

スポンサーリンク

『そして父になる』

館理人
館理人

血のつながりとは何か、家族とは何かを観た者に問いかける。家族の選択を描く、衝撃の感動作です。

館理人
館理人

こちら、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞しています。

館理人
館理人

福山雅治、リリー・フランキー出演! 6年間育ててきた息子が、他人の子だった・・・苦しい決断をせまられる物語。

スポンサーリンク

『歩いても歩いても』

館理人
館理人

自身の母の記憶を反映させ、家族のとある日常を描き出した『歩いても 歩いても』(2008年)は、原作・監督・脚本・編集を是枝裕和、出演に原田芳雄、樹木希林、阿部寛、夏川結衣、YOU、ほか。

館理人
館理人

ドキュメンタリー・タッチの作劇や技法を得意としてきた是枝監督が、ほろ苦く切ないホームドラマで新境地を開拓した作品です。

スポンサーリンク

『空気人形』

館理人
館理人

オリジナルストーリーにこだわってきた是枝裕和監督が、原作モノを選んだことでも話題になりました。

館理人
館理人

“心”を持ってしまった空気人形(ラブドール)の喜びと悲しみのファンタジー。

館理人
館理人

韓国映画の女優、ペ・ドゥナが主演していることも話題になりました。