主流ミュージシャン映画をおさえたら、次にチェックしたい、描かれるミュージシャン本人が出演する映画のおすすめはコレ!

スポンサーリンク
館理人
館理人

実在のミュージシャンを、なまなましくあぶり出す映画があります。

例えばクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』。ムーブメントを起こすほどの大ヒットでした。有名なバンドマンやシンガーを描いた映画は他にもたくさん。トラウマや貧しさ逆境から、破天荒な生活を挟んでの、成功と苦悩。

モデルのミュージシャンの音楽を重ねれば、たまらなく面白い映画ができます、王道です!

館理人
館理人

2020年8月公開予定の『レスペクト』はジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンを演じます。

RESPECT | Jennifer Hudson is Aretha Franklin | MGM
館理人
館理人

レイ・チャールズの『Ray / レイ』とかもありました。演じたのはピアノが得意なジェイミー・フォックス。監督はテイラー・ハックフォード。

ドアーズの『ドアーズ』はヴァル・キルマーがジム・モリソンに。監督はオリバー・ストーン。

『シド・アンド・ナンシー』はセックス・ピストルズのシド・ビシャスをゲイリー・オールドマンが。監督はアレックス・コックス。

『ジャジー・ボーイズ』はフォー・シーズンズの物語。監督はクリント・イーストウッド。

『バード』はチャーリー・パーカーをフォレスト・ウィテカーが演じます。監督は同じくクリント・イーストウッド。

『TINA ティナ』でティナ・ターナーを演じたのはアンジェラ・バセット。ブライアン・ギブソン監督。

館理人
館理人

などなどなど、こんな感じでたっくさんあります、俳優が実在のミュージシャンに寄せて演じている映画群。

館理人
館理人

上記は主流なら、別枠でくくってご紹介したいのが、亜流の傑作以下4本!レビューはリンク先でお読みいただけます!

Photo by Jamakassi on Unsplash
スポンサーリンク

厳選ドキュメンタリー

館理人
館理人

いずれも実力ある映画監督が撮っているドキュメンタリーです。三者三様が面白いです。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブをヴィム・ベンダース監督が撮ったドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル。クラブ』

館理人
館理人

さすらいの人を撮ると傑作が生まれる!監督ヴィム・ベンダースが、キューバのバンドを撮った映画です。

ライ・クーダーがプロデュースしたアルバム『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の、そのバンドを追ったドキュメンタリー。

「キューバの地でキューバ人が生活する中で音楽すること」が、まるっと切り取られた映画です。

高田渡をタナダユキ監督が撮ったドキュメンタリー『タカダワタル的』

館理人
館理人

『百万円と苦虫女』や…

『ふがいない僕は空を見た』などなどで手腕発揮のタナダユキ監督。

フォークシンガー高田渡を追ってドキュメンタリー映画にしました。高田渡の音楽の世界にどっぷりできます。

レスポールのギターを世に送り出したレス・ポールをジョン・ポルソン監督が撮ったドキュメンタリー『レス・ポールの伝説』

館理人
館理人

レス・ポールをリスペクトする錚々たるミュージシャンの面々が登場します。エドワード・ヴァン・ヘイレン、リチャード・カーペンター、B.B.キング、キース・リチャーズ、ポール・マッカートニー、ジェフ・ベック…。

スポンサーリンク

自身の実話を自身が演じるミュージシャン映画

館理人
館理人

つまり『8 Mile』タイプですね。

『8 Mile』はエミネムの半自伝的映画で、エミネム本人が、本人をモデルにした主人公を演じています。

プロピアニスト、ホアン・ユイシアンを自身が演じる『光にふれる』

館理人
館理人

ホアン・ユイシアンは台湾のピアニスト。視力に障害があることで抱えたトラウマと戦いながらピアニストへの道を歩む彼女の半生を描きます。

館理人
館理人

映画とミュージシャン、とっても相性がいいですね。いいレビューを発掘できたら、追加します!

wowow