市民ワークショップ参加者で女優初挑戦の社会人女性が国際映画祭で評価された『ハッピーアワー』

館理人
館理人

『ハッピーアワー』は2015年の映画です。

館理人
館理人

市民参加の即興演技ワークショップに参加した、演技経験のない4人の女性が主演。なのに彼女たち、ロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞!

館理人
館理人

えー?どーゆー映画? ってふつふつ湧く疑問点は、レビューでご確認ください!

スポンサーリンク

“週末ヒロイン”の濃密な時間の連なり

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

 映画が幕を閉じて、カラダに微熱を感じながらこう思った。「オレは5時間17分何を観ていたのだろう」と。

 これは否定的な意味で言っているのではない。むしろ心地良かった。時おり心が毛羽立ったり、シーンによってはささくれだったりして、感情のさざなみが起きたのだが、軸の部分はすっかり映画に身をゆだねて、どっしりと、落ちついて白日夢を見せてもらったのだ。

 何の話かって? 濱口竜介監督の『ハッピーアワー』のことである。

 すでに報じられたニュース記事等でご存知であろう。演技経験のなかった主役の女性4人全員が、今年のロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した作品だ。

 一応、それぞれの役名と共に本人たちの名前も紹介しておくと、あかり(田中幸恵)に桜子(菊池葉月)、芙美(三原麻衣子)に純(川村りら)。皆、平日は各自仕事を持っているため、撮影は主に週末に行われた。これってまさしく“週末ヒロイン”じゃあないか!

 看護師のあかりはバツイチで独身、専業主婦の桜子は中学生の息子がおり、夫が編集者の芙美はアートセンターで働くキャリアウーマンで、純はといえば離婚裁判中。

 互いに親友同士だと思っていたのだが、その純の決断をめぐって友情に波紋が広がっていき、ひとりひとり、人生の選択をしてゆく――と、ストーリーの大枠を記すと、ごくごく“よくある話”の範疇に落ちつく。

 が、それは便宜上のもので、実際には「一体何を観ていたのか」判然としない、それでいてまるで決定的な瞬間に立ち会ってしまったような、濃密な時間の連なりを与えてくれるのだった。

 濱口監督は、演技によって虚構の現実をつくりだす「プロフェッショナルな役者」ではない、普段はフラットな日常で過ごす彼女たちに寄せて、脚本に興されたセリフや設定を徹底的に変えていった。

 つまり言えないセリフ、出来ない行為はワークショップを通して排除した。しかし本作は、ドキュメンタリーではない。彼女たちは演じる。自分ではない役を。

 演じてはいるが、4人のエモーションの強度は本物で、だからわれわれは思わず、画面に見入ってしまうのだ。その場で溢れ出たエモーションを共有している気がして。

 そしてひと続きの世界、同じ地平にわれわれは立っている気さえする。そんなふうにこの映画は、全体の演技のチューニングを合わせている。

 たとえばである。右手が左手に触れているとき、右手は左手を「物質」として触知しているが、同時に意識の中では、左手が主体となって右手に触れているようにも感じてくる。関係が反転し、相互に浸透するのだが、それが本作と観客との関係だ。

 劇中、芙美のアートセンターにて“重心”をめぐるワークショップが開かれ、参加したあかり、桜子、純らは身体を使ったいろいろな訓練を試すが、関係が反転し、相互に浸透する「間身体性」の体験はそこでも象徴的に示されていた。

 眺めているこちらもすっかり、一緒に参加している気持ちになる幸福なシークエンス! が、その後、崩れてしまった関係の“重心”回復のドラマが待っている。本作は全篇、4人のヒロインを触知する「間身体性」の映画なのである。

轟

キネマ旬報2016年1月上旬号掲載記事を改訂!