角川映画祭の公式パンフにて、草笛光子さん、志穂美悦子さんにインタビューしました

 現在開催中(2021年11月19日より)、角川映画祭の公式パンフレットにて、草笛光子さん、志穂美悦子さんのインタビュー記事を担当しております。

 1976年、低迷していた日本映画界に突如彗星のごとく現れた「角川映画」。その誕生から45年周年を記念し、今回の角川映画祭では実写、アニメーションを合わせ、全31作品を一挙劇場公開します。

 上映作の中で草笛さんは、4Kデジタル修復版『犬神家の一族』(市川崑監督)に、志穂美さんは4Kデジタル修復版『里見八犬伝』(深作欣二監督)と『二代目はクリスチャン』(井筒和幸監督)に出演。

 また、『Wの悲劇』『早春物語』がラインナップの中に入っている、澤井信一郎監督の追悼ページも担当しています。

 なお、当映画祭は東京・テアトル新宿、EJアニメシアター新宿ほか、全国順次開催されていきます!

轟

『犬神家の一族』関連記事がこちらにあります