大人計画の井口昇監督作『卍』エロスに笑いを巻き込んで、谷崎潤一郎の小説を堂々映像化!

Photo by Roksolana Zasiadko on Unsplash
館理人
館理人

大人計画所属、井口昇監督作です。

 

館理人
館理人

レビューをどうぞ〜

スポンサーリンク

原作のどうかしてるセリフの応酬が下っ腹に響く快作!

「あかん……あかんてぇ〜」

 早くもこの境地に辿りついてしまったか。

 井口昇監督が、谷崎潤一郎の『卍』を映画化した。

 当然、数あるバージョンの中では若尾文子&岸田今日子の組合せ、増村保造の監督作がとてつもなく(狂っていて)最高なのだが、井口昇は堂々それに挑戦、リスペクトしつつ、なおかつ“自分汁”を画面に付着させたのは大した技である(音楽が増村映画の常連・山内正ぽく、「完」の字が“大映”しているのもマニアックなこだわり)。

館理人
館理人

こちらは増村保造監督作。Amazonプライムビデオで配信されています(2020年7月現在)。

 そもそも原作にある、性を超越した者同士のインモラルな関係は、『クルシメさん』から『おいら女蛮』(こちらは監督・鈴木則文テイストを換骨奪胎!)まで井口昇の作風の“心棒”にあるものだ。

館理人
館理人

『クルシメさん』『おいら女蛮』のほか、井口監督作では、『片腕マシンガール』『電人ザボーガー』『覚悟はいいかそこの女子。』などがあります!

 弁護士の夫を持ち、恵まれた生活を送る園子と、奔放で妖艶な光子のドロドロ愛(演ずる秋桜子と不二子、イイです)。やがてそれはトライアングル、いや“卍くずし”な関係になっていき、映画のジャンル自体も笑いとエロスが入り組んで、卍な様相を呈していく(荒川良々、野村宏伸というキャストを、増村版の両エース・川津祐介、船越英二と比べるのは、まあ酷だろう)。

 そして口唇的な快楽、ひいては吸血行為にこだわるのが井口映画。毎度のとおり、直接的な性交シーンはなくとも何とも淫靡な匂いを漂わせ、さらに原作の“どうかしてるセリフ”の応酬を響かせて、耳元から攻めてくる。で、この言葉責めの映画を観ながら我々は、下っ腹のあたりのムズムズを感じてこう呟くことになるのである。

「あかん……あかんてぇ〜」と。

轟

映画秘宝掲載記事を改訂!

館理人
館理人