子持ち夫婦vs隣家の大学生連中の壮絶イヤがらせ合戦が勃発!『ネイバーズ』

館理人
館理人

監督はニコラス・ストーラー。大ヒットをうけ、続編も作られたコメディです。

館理人
館理人

レビューにてご紹介!

スポンサーリンク

『2』も作られた面白さ!ハチャメチャなバトルムービー

Photo by Breno Assis on Unsplash

製作費1800万ドルで全米興収1億5000万ドルを突破した隣人トラブルコメディ。

“フラタニティ”のメンバーを演じるはデイブ・フランコ、クリストファー・ミンツ=プラッセ(『キック・アス』シリーズのドジな小悪党!)など。

ロバート・デ・ニーロの物真似での当てこすり、車のエアバッグを使ったイタズラは爆笑。

   ・   ・   ・

 朗報である。セス・ローゲンとローズ・バーンが演じたあの“はっちゃけ夫婦”とまた会える!

館理人
館理人

このレビューは2016年のものになります。

館理人
館理人

ローズ・バーンはミュージカル映画『アニー/ANNY』などに出演の女優です。

 もちろん、ザック・エフロン扮する宿敵、若大将ならぬ“バカ大将”とも。

 2014年、アメリカで大ヒットしたコメディ『ネイバーズ』の続編製作が先頃決定したのだ!!

館理人
館理人

『ネイバーズ2』はすでに公開され、動画配信サービスでも観ることができるようになってます!(2020年現在)

監督は同じニコラス・ストーラー。

 ……と前のめりに書きだしたものの、おそらく多くの方の反応は「ポカーン」だろう。仕方ない。日本ではDVDリリース記念という名目で2016年1月末に全国5館、しかも1週間限定の公開しかしていないのだから……。

 本作は、要約すれば子持ちの夫婦と、隣に越してきた大学生連中との(実に大人げない)イヤがらせ合戦、それがエスカレートしてゆくハチャメチャなバトルムービーだ。

 最初に悪かったのは断然、後者のほう。夜中じゅうパーティに興じてドンチャン騒ぎをやめず、乳飲み子のいる立場としては普通の人以上にこれはたまらん。

 でも、夫婦の報復も度を過ぎてしまい泥仕合に。何しろ、セス・ローゲンは例の、北朝鮮の金正恩暗殺ギャグ映画『ザ・インタビュー』の“首謀者”。悪ノリ、おちょくりなら任せろ、ってなもんである。

 で、セス・ローゲンといえば男同士のキャッキャウフフ、ボンクラな絆を描くブロマンス(ブラザー・ロマンス)映画の第一人者でもあって、この作品では大学生側のノリがそれなんですね。

 アメリカの大学には伝統的に“フラタニティ”と呼ばれる男子寮のクラブがあり、ラテン語でなんと“ブラザー”の語源。

 妻の尻に敷かれた男に対して、野郎同士の聖域を必死に守ろうとする“バカ大将”を、アイドルから脱皮したザック・エフロンが下ネタばんばんで好演し、一方セス・ローゲンは父親役で新境地を開拓。目糞鼻糞なくだらない世界だが、案外、奥は深いですゾ。

館理人
館理人

ザック・エフロンの『ネイバーズ』後の出演作に『テッド・バンディ』などがあります。

『テッド・バンディ』はNetflix配信映画ですが、日本では劇場公開されました。ザック・エフロンは殺人犯を演じています。

 来年公開される続編では、今度は夫婦の隣家に女子学生グループが引っ越してきて再びバトルが勃発するんだとか。楽しみ。その前にぜひこちらを!

轟

週刊SPA!掲載記事を改訂!

wowow