バイオレンス映画の巨匠の数奇なキャリアをドキュメンタリー『サム・ペキンパー 情熱と美学』とともに一気チェック

Photo by Nate F on Unsplash
スポンサーリンク

ペキンパーの数奇なキャリアに思いを馳せた

 嗚呼そうだった。すっかり忘れてた。

 なんとも不思議な組み合わせだけれど、ペキンパーの正式の遺作はこれだったよ!

 と、ドキュメンタリー映画『サム・ペキンパー 情熱と美学』の開幕早々に配された現場風景、ジュリアン・レノンのデビュー曲「ヴァロッテ」と、セカンドシングル「トゥー・レイト・フォー・グッドバイ」のPVの裏側を目にして、遠い記憶が一気に甦ったのだった。

 この2曲が撮影されたのは1984年10月のこと。それからまもなく、12月28日にペキンパーは逝った。

 最後の勇姿。「ではガキどもにお手本を見せるか」とカメラを覗くペキンパー。

 かたわらにいるのは正式なカメラマン、『ガルシアの首』のアレックス・フィリップス・ジュニアだ。すげえな。こんなメイキング映像、今まで観たことがないぞ。

館理人
館理人

『ガルシアの首』はペキンパー印の、(時にスローモーションを用いた)賞金稼ぎと敵対する男たちの迫力ある銃撃戦も見どころ。

 しかし思うだに不思議な組み合わせである。本当にペキンパーは、数奇なキャリアを歩んだ人だった。

 師匠ドン・シーゲルの教えをまずテレビドラマで活かし、

館理人
館理人

ドン・シーゲルの監督は『アルカトラズからの脱出』など。こちらはクリント・イーストウッド主演作です。

映画デビュー作『荒野のガンマン』で名花モーリン・オハラをヒロインに迎え、

1960年代、西部劇というジャンルを愛し尽くし終わると現代を舞台にした『わらの犬』『ゲッタウェイ』でも一段と冴えを見せ、

『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』ではボブ・ディランを映画の世界に引き込み、

希代のトラブルメーカーとして名を馳せるも70年代はコンスタントに作品を発表、『戦争のはらわた』は超ド級の大傑作で、それでもってラストはジュリアン・レノンのPVを。

 そんな波瀾万丈男のドキュメンタリー、私財を投げうち作ったのはペキンパーに関する書籍も出している映画史家マイク・シーゲル。

 出てくる出てくる。彼の努力でペキンパー映画を彩った仲間たちが。

 アーネスト・ボーグナインにジェームズ・コバーン。

館理人
館理人

アーネスト・ボーグナインの出演作に、アカデミー賞主演男優賞を受賞した『マーティ』など。

館理人
館理人

ジェームズ・コバーンの出演作に『大脱走』など。

 センタ・バーガー、アリ・マッグロー、イセラ・ベガ。

館理人
館理人

センタ・バーガーは『悪魔のようなあなた』などに主演の女優さん。

館理人
館理人

アリ・マッグローは『さよならコロンバス』などに主演の女優さん。

館理人
館理人

イセラ・ベガは先の『ガルシアの首』に出演しています。

 デヴィッド・ワーナー、L・Q・ジョーンズにR・G・アームストロング、クリス・クリストファーソン……かの名著「サム・ペキンパー」を書いたガーナー・シモンズ先生も!

館理人
館理人

デヴィッド・ワーナーは『タイタニック』では執事役で出てました。

館理人
館理人

クリス・クリストファーソンは『スター誕生』に主演です。

 この本はぜひ合わせて読みたい。

 そういえば素晴らしいスチール写真ばかりを集めたページでは『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』の撮影中、ロケ先のメキシコ、デュランゴにてジョン・ウェインの製作会社とサッカー対決し、勝利を収め、トロフィーを抱いてご満悦のペキンパーが見られます。

館理人
館理人

ジョン・ウェインは『アラモ』など。こちらは出演と監督をしています。

 いやあ、サッカーもやったんだね、ペキンパーは。

 1990年代の東京では数年おきにペキンパー映画に光が当たり、『砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード』『ガルシアの首』『ワイルド バンチ/オリジナル・ディレクターズ・カット』と短編ドキュメントがシネセゾン渋谷で上映された。

 『ガルシアの首』は、崔洋一監督と作家の桐野夏生さんのトークショー付きで観た。が、その劇場は、もうない。

 いや、なくても自宅で何とかしましょ。本作を観れば、この“憎みきれないろくでなし”の映画を浴びたくなりますから。マジに。絶対に。

轟

ケトル2015年8月号掲載記事を改訂!