トム・クルーズって?『アウトロー』でアウトロー映画のルーツと共に解説

Photo by Andreas Kind on Unsplash
管理人
管理人

トム・クルーズの新作『トップガン マーヴェリック』は2020年6月公開予定ですね。

管理人
管理人

トム・クルーズっていうと、動画配信サービスで人気のタイトル『ミッション:インポッシブル』シリーズの主演でおなじみ。

管理人
管理人

トム・クルーズはルックスが驚異の若さ!もうじき60歳とは信じられません(1962年生まれ)。

管理人
管理人

早くに大スターまで駆け上った俳優なので、長いキャリアを持つため主演作は多く、大作ばかり。

管理人
管理人

ですから動画配信サービスのおすすめにずらずらと主演映画が出てくるけれど、正直どれがいいのかわからない現象が起きてます、多分。

管理人
管理人

ということで、トム・クルーズの出演作の中ではちょっとマイナー感のある『アウトロー』にあえて注目、掘り出しレビューで解説です。

管理人
管理人

トム・クルーズがどんな俳優かと同時に、アウトロー映画史もざざっと見ていきます!

スポンサーリンク

アメリカの良心を継承!グレゴリー・ペックからトム・クルーズへ

『アウトロー』の系譜は米アクション映画

 『アウトロー』(2012年)の冒頭、ちょっとタイムスリップしてしまったのかと思った。

管理人
管理人

『アウトロー』の監督はクリストファー・マッカリー、出演はトム・クルーズ、ロザムンド・パイクほか。

 『ダーティハリー』(1971年)のオープニングよろしく、白昼、何者かが屋上に立ち、市井の人々を狙撃して回るシーンが目に飛び込んできて、出だしからなんとも不穏でヤバい、洗練なんて言葉には背を向けたあの“1970年代アクション映画”の匂いが鼻孔をくすぐったのだ。

 トム・クルーズ主演の最新作『アウトロー』の第一印象である。

管理人
管理人

『ダーティー・ハリー』はクリント・イーストウッド主演、アウトローな刑事の映画。大人気シリーズとなりました。

 どうやらそれは、あながち早合点でもなかったようで、“70年代アクション映画”のトーンは最後まで持続し、カラダを張った本気(マジ)なカーチェイス、男騒ぎのする格闘シーンや銃撃戦が今どき珍しい“活劇の味”を形成していく。

 おまけにトムの役柄は、元米軍のエリート秘密捜査官。自由と正義を愛し、放浪の旅を続ける一匹狼の“流れ者”という徹底してパルプな、アナログヒーローぶり。

 これをタイムスリップと言わずしてドーする!

管理人
管理人

トム・クルーズは1986年公開の主演映画『トップ・ガン』が世界的な大ヒットとなったことをきっかけに、集客できる大スターの仲間入りをしました。

管理人
管理人

『トップ・ガン』では海軍のパイロット役。日本でアイドル的な人気が出ました。

 もう少しストーリーの流れに添って、主人公のキャラクターを紹介しておこう。

 冒頭の事件の容疑者として、元軍人のスナイパーが逮捕される。ところが全面否認し、身の潔白を証明してくれることを望んで、彼がかつて軍で最も恐れていた男への連絡を要求する。

 そこで現れるのがトム・クルーズ扮するジャック・リーチャーだ。圧倒的な戦闘能力と明晰な頭脳で“真実”を追究し、しかも「我が道を行く」ワイルド&アウトローなヒーローなのだが、21世紀の現代においてはやはり、どこか時代錯誤な男である。

管理人
管理人

トム・クルーズが演技派ダスティン・ホフマンと共演した傑作『レインマン』。アカデミー賞作品賞を受賞した映画です。

 オフィシャル・インタビューによれば、リー・チャイルドの原作「One Shot」を脚色、監督したクリストファー・マッカリーは主人公リーチャーの考え方、そのライフスタイルにまず魅かれたのだという。

管理人
管理人

「One Shot」は「アウトロー」のタイトルで翻訳本が出版されました。クリストファー・マッカリーはその後、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』も監督。

 どうやらクラシックな西部劇を愛好するマッカリーは、荒野に登場するような正義漢、流れ者のヒーローにジャック・リーチャーと相通ずるものを感じたのだった。本作の懐かしい“匂い”の正体が少し分かってきた。

管理人
管理人

トム・クルーズは『7月4日に生まれて』(1989年)と『ザ・エージェント』(1996年)でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされます。

管理人
管理人

『7月4日に生まれて』はベトナム戦争を題材にした大作。監督オリバー・ストーンはこの映画でアカデミー賞監督賞を受賞しました。

コメディタッチの『ザ・エージェント』ではスポーツ選手のエージェントを演じました。この映画ではゴールデングローブ賞男優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞です。

管理人
管理人

一作目『ミッション:インポッシブル』は、『ザ・エージェント』と同じ年に公開されました。

管理人
管理人

群像劇『マグノリア』(1999年)では、アカデミー賞“助演”男優賞にノミネート。映画自体もベルリン映画祭 金熊賞を受賞です。

管理人
管理人

その後『ラストサムライ』(2003年)で渡辺謙と共演!

『アウトロー』に見えるルーツは西部劇

 マッカリーに関しては、もちろん『ユージュアル・サスペクツ』(1995年)や『ワルキューレ』(2008年)の脚本家、という紹介もできるのだが、今回はそれよりベニシオ・デル・トロとライアン・フィリップ共演の『誘拐犯』(2000年)の脚本、監督の人──の線で考えたほうがいい気がする。

管理人
管理人

『ユージュアル・サスペクツ』でマッカリーはアカデミー賞脚本賞を受賞しました。張り巡らされた伏線がスリリングなサスペンスです。

管理人
管理人

『ユージュアル・サスペクツ』にトム・クルーズは出演してませんが、『ワルキューレ』では主演です。

 作家の資質はデビュー作に色濃く反映される、との伝を信じれば、武骨な“70年代アクション映画”ばかりか、銃撃戦にこだわる西部劇のスタイルを継承していた『誘拐犯』(2000年)は、この『アウトロー』への第一歩であったといえよう。

管理人
管理人

『誘拐犯』はベニチオ・デル・トロ主演作。

 これも趣味趣向の表れだが、『誘拐犯』でマッカリーは、ジェームズ・カーン、スコット・ウィルソン、ジェフリー・ルイスといった(70年代に活躍した)激シブなアクターたちを起用していたが、『アウトロー』ではロバート・デュヴァル、それから(ドイツの鬼才監督)ヴェルナー・ヘルツォークまで担ぎ出している。

管理人
管理人

ロバート・デュヴァルは助演、主演で賞レースの常連。出演作は『ゴッド・ファーザー』(1972年)『地獄の黙示録』(1979年)など。

管理人
管理人

ヴェルナー・ヘルツォーク監督作『アラビアの女王 愛と宿命の日々』(2015年)は、主演ニコール・キッドマン。イラク建国に関わった実在の女性を描いてます。

 ちなみにデュヴァルがトム・クルーズと組むのは、トニー・スコット監督の『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)以来だが、ドライバーとチームオーナーという互助的な関係性はこの『アウトロー』にも形を変えてスライドされており、さすがに名優デュヴァル、好サポートを魅せている。

管理人
管理人

カーアクション『デイズ・オブ・サンダー』で、トム・クルーズはレースドライバー役です。

管理人
管理人

トム・クルーズはバイクアクションも十八番。『ナイト&デイ』(2010年)のキャメロン・ディアスとの二人乗りアクションシーンも秀逸です!

 さて、事件の裏側の真相を暴くべく行動するリーチャーに倣って、『アウトロー』という映画のバックボーンをさらに探ってみようか。

 マッカリーは我々にヒントを与えてくれていた。たとえばこんなシーンだ。

 金で雇われ、己を襲った連中の自宅を速攻でつきとめ、乗り込んだリーチャー。部屋の中には誰もおらず、(やや不自然な感じで)テレビがついている。そこに映っている画像に目をやると、流れていたのはあのウィリアム・ワイラー監督の『大いなる西部』(1958)ではないか!

 ここを素直にマッカリーからの“サイン”だと受け取ってみる。『大いなる西部』とはテキサスを舞台にした、東部からやってきたひとりの紳士(グレゴリー・ペック)の奮闘劇だった。

 新参者である彼はよそ者で“アウトロー”であり、だがたとえ周囲から存在が浮いても、己の生き方を全うしようとする男なのだ。(映画版の)ジャック・リーチャーはその末裔である。これは穿った観方だろうか?

 では『アウトロー』に、グレゴリー・ペックとチャールトン・ヘストンの名高い“素手での殴り合い”を彷彿させるシーンがあるのは偶然か。

管理人
管理人

チャールトン・ヘストンの出演作は『ベン・ハー』(1959年)、『猿の惑星』(1967年)など。

 もうひとつ強引な、いや、決定的な証拠を! 『大いなる西部』はワイラー監督と共に、グレゴリー・ペックが製作にも携わった映画だ。

 セルフプロデュースするトム・クルーズはマッカリーと共謀し、この『アウトロー』で、かつてのアメリカの良心であり理想像であったグレゴリー・ペックのアイコンを彼らなりに継いだのだった。ジャック・リーチャーというパルプでアナログなヒーローを通じて──。

 以上で、本作の懐かしい“匂い”の正体は、かなり判明したのではないか。

轟

キネマ旬報2013年2月上旬号掲載記事より!