風祭ゆき

日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノおすすめ復刻コラム『後から前から』畑中葉子の魅力!

歌手・女優、畑中葉子の魅力を振り返る!〜もともとは彼女、平尾昌晃歌謡教室の生徒だったんだよね。高校を卒業した1978年、その平尾とのデュエット曲「カナダからの手紙」が大ヒットし、彼女の激動の芸能生活が始まるんだ〜
2021.02.27
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノおすすめ復刻コラム『ラスト・キャバレー』ガメラの金子修介監督

『ガメラ』シリーズの金子修介監督と、名バイプレーヤー大地康雄が残したロマンポルノの終わりの始まり。今絶賛注目のコンテンツ、日活ロマンポルノのおすすめをカルチャー視点で解説。いろいろ繋がるエンタメをまるっとチェック!
2020.10.21
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノおすすめ復刻コラム『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…』

男性誌での連載コラム記事の復刻。のちにベルリン国際映画祭で児童映画部門グランプリの小沼勝監督作。手がけた映画ジャンルの振り幅がさすがのプロ手腕!
2020.10.19
タイトルで観る洋画

『キル・ビル Vol.1』はマカロニ・ウエスタン、クンフー、スプラッタ時代劇に怪獣映画、ブラックスプロイテーション…埋もれた名作映画祭!

マカロニウエスタン、クンフー、スプラッタ時代劇に怪獣映画…。そこかしこにあの名画座のえた匂いがたちこめている(ちなみに監督は本作を故・深作欣二に捧げている。実質、ゴッタ煮映画の帝王・石井輝男リスペクトとしか見えないところはご愛敬)。
スポンサーリンク