藤田敏八

テーマ・映画人で観る

俳優語り!【原田芳雄】ヒストリーを出演映画、周辺カルチャーと辿る。

美空ひばりとジョニー・マティスに心奪われ、落語にもゾッコン、5代目古今亭志ん生を“心の師”としていた。中学2年で「素人ジャズのど自慢」に出場、「ローズ・タトウ」を唄った(ただし、鳴った鐘はひとつ)…映画、ドラマ、演劇、ライブ。原田芳雄の足跡を辿る。
2020.11.16
テーマ・映画人で観る

多くの映画監督がチャンスを求め掴んだ日活ロマンポルノ。どんな監督たち? どんな挑戦? あの時代の日本映画の潮流とともに大解説!

どんな監督たち? どんな挑戦? 斜陽にあった日本映画界での奮闘。数多くの監督たち(新人も含む)にとってそこは、自由に表現できる場であり、現場を学びチャンスを掴む場でもありました。監督と作品群から、ロマンポルノがわかる!
2020.10.21
日活ロマンポルノ

日活ロマンポルノ復刻コラム『八月はエロスの匂い』藤田敏八監督の時代のドキュメント

藤田敏八監督の映画といえば、梶芽衣子主演の『修羅雪姫』、浅野温子主演、角川映画の『スローなブギにしてくれ』だとか、時任三郎主演『海燕ジョーの軌跡』など。時代のドキュメントを虚構の中に刻む!
2020.10.19
スポンサーリンク