夫が脳で倒れて〜仕事復帰(社会参加)へのステップ〜講演会のお知らせ

第36回京都市地域リハビリテーション交流セミナー(2月20日)に、轟夕起夫・三澤慶子で参加、講演をさせていただきます。

障害者の就労がテーマのセミナーです。轟の脳梗塞発症から半身麻痺を抱えたたまま仕事復帰した経験をお話させていただきます。

後遺症の重さから、遠慮して周囲が当事者に実情を聞けない。後遺症を抱えてどれくらいの仕事ができるのかわからない。後遺症をかかえて仕事をすることに、経済的な面以外にどういう意味があるのかわからない。

現役世代で脳卒中を患う方は多くいらっしゃいます。現状、仕事復帰の道が困難なのは、後遺症が多様なこともありますが、脳卒中サバイバーの仕事能力が意外に知られていないこともあるように感じます。

後遺症を抱えた脳卒中サバイバーは、仕事ができない、ということは間違いです。

轟の例は、あくまで1例ですが、知っていただくことは意味のあることと考えました。

京都にて、平日の日中の開催です。よろしければお立ち寄りください。

NEWS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
読む映画館 todorokiyukio.net