『上田真一郎監督を例に考える、「デビュー作」の意味と価値』寄稿です

SKIPシティ映画祭(埼玉県川口市)の、巨匠たちのデビュー作を上映にあたり、「デビュー作ならではの魅力」「デビュー作でしか味わえないもの」について書かせていただきました。

『上田真一郎監督を例に考える、「デビュー作」の意味と価値』と題した記事は、サイトCINRA でお読みいただけます。