総論系

タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『海街diary』〈四姉妹ものの系譜〉

是枝作品と向田テイスト (2015年6月上旬号より)   日本映画には昔から、“姉妹もの”というジャンルがあって、なかでも四姉妹ものは、最も華やかでポピュラーだ。キャラの違う4通りの女性の生き方を描け、その時代を代表する女優たちが並...
2016.10.11
テーマで観る

読む映画リバイバル〈私の映画批評の姿勢〉付き合ってるのに片思い

〈私の映画批評の姿勢〉付き合ってるのに片思い (2011年4月下旬号より)  他誌ではあるが、『DVD&ブルーレイでーた』で「三つ数えろ!」という企画ページを担当している。もう四年以上続く連載だ。登場していただくのは、映画監督の方々...
2016.10.11
監督名・俳優名でたどる動画語り 一覧

読む映画リバイバル〈ジャン=リュック・ゴダール〉

ゴダール映画の再上映や評価は延々に続きそうだ。でも、「正直いって、わかりにくい」&難しいことは語り尽くされている。ってなわけで不思議な“ゴダール”映画をより面白く観るために、身近に感じるために―― (1999年10月号より) ゴダール・...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル〈北野武映画/沈黙に、耳を傾けよ〉『アウトレイジ ビヨンド』

音がつぶかり高まっていく。その昂進の果てに訪れる「アウトレイジ ビヨンド」の“喧噪的沈黙”。北野武映画のディテールを振り返り、そこに静寂への意志を読み取る (2012年10月下旬号より) 原形質の映画  ちょっと特殊な体験をしたことが...
2016.10.11
テーマで観る

読む映画リバイバル〈日活映画を彩ってきた女優=ヒロインたち〉

(2012年10月上旬号より)  50年代後半、石原裕次郎、小林旭らの活躍を契機に、日活は「男のアクション」の王国と化したが、では一方で、女優陣は単に、男たちの“彩り”に過ぎなかったのだろうか。
2016.10.11
スポンサーリンク