暮らしの手帳にて「夫が脳で倒れたら」を紹介いただきました

妻が僕の脳梗塞発病から仕事復帰までのことを妻目線で書いた「夫が脳で倒れたら」(太田出版刊)。

本日発売の雑誌「暮しの手帖」書評ページにて取り上げていただきました。