キル・ビル

テーマ・映画人で観る

1970年代クールビューティ【女優・梶芽衣子】解説〜どんな役柄?おすすめ映画?

クエンティン・タランティーノ監督もオマージュを捧げた梶芽衣子の魅力を解説!1970年代の映画でアウトローな数々のキャラクターを演じた梶芽衣子さん。どんな役柄を演じた?どんな監督のどんな映画に出演?彼女の魅力を解説した雑誌記事を復刻です!
2021.02.18
タイトルで観る洋画

『キル・ビル Vol.1』はマカロニ・ウエスタン、クンフー、スプラッタ時代劇に怪獣映画、ブラックスプロイテーション…埋もれた名作映画祭!

マカロニウエスタン、クンフー、スプラッタ時代劇に怪獣映画…。そこかしこにあの名画座のえた匂いがたちこめている(ちなみに監督は本作を故・深作欣二に捧げている。実質、ゴッタ煮映画の帝王・石井輝男リスペクトとしか見えないところはご愛敬)。
スポンサーリンク