タイトルごとに語る[邦画] 一覧

タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『ノルウェイの森』

囁きを聴く――『ノルウェイの森』の優れた“カヴァーアルバム” (2010年12月下旬号より)  えーと。何から書くべきか。そうだ! 『ノルウェーの森』が良かった。“ノルウェイの森”ではない。ビートルズの名曲『ノルウェーの森』。しかも...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『あんにょん由美香』

これは女優・林由美香をめぐるドキュメンタリーというより、一人の男の“ラブストーリー”だ (2010年3月2日号より)  これは、ドキュメンタリー映画にして“消えた女”をめぐる探偵映画だ。どういうことか。“消えた女”のミステリーを解く...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『ハチミツとクローバー』

みうらじゅん氏も!? 過ぎ去りし青春を回想する人こそ、涙が止まらなくなる (2007年1月2日号より)  先日、ある企画でみうらじゅんさんを取材していたら、何かの拍子でこの映画『ハチクロ』の話になった。そういえば本作は美大が舞台。み...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『海街diary』〈四姉妹ものの系譜〉

是枝作品と向田テイスト (2015年6月上旬号より)   日本映画には昔から、“姉妹もの”というジャンルがあって、なかでも四姉妹ものは、最も華やかでポピュラーだ。キャラの違う4通りの女性の生き方を描け、その時代を代表する女優たちが並...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『ガール』

中平康の後継!? ワザ師礼賛! (2012年6月下旬号より)  50円玉が宙を飛ぶ。それを見上げる人々。場所はとあるオフィスなのだが、なぜ、そんな事態が起こっているのかの説明は今は省く。とにもかくにもその硬貨は、放物線を描きながら、...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『全然大丈夫』

愛すべき不器用な登場人物を見ていると、「俺も大丈夫」という大らかな気分になれる (2008年9月9日号より)  何をもって『全然大丈夫』なのか。題名の意味を、この映画は前面には押し出してはこない。でも確かに観ていると、「全然大丈夫」...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』

バラエティ風を装いながら「スジを通して」人間の性(さが)を描く (2010年11月下旬号より)  “他人事の人生”を眺める裁判傍聴人   知人から聞いたことがある。裁判の傍聴というのはとても面白い、と。そりゃあそうだろう。法廷室ごとに...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『刑事物語』

ヌンチャクを手にした鉄矢は誰にも止められない!! (2009年9月15日号より)  人に歴史あり。かつて武田鉄矢は、日本を代表する“格闘技スター”であった。まあ'80年代の彼を知る者にとってはわりと、常識ではあるのだが、もしも信じら...
2016.10.11
タイトルで観る邦画

読む映画リバイバル『SR サイタマノラッパー』

世界的なラッパーを夢見るニート、空回りの末に見つけた自分だけのライム (2010年6月1日号より)  製作費はまったくもって低予算だが、6月末の公開映画のなかで、ファンの期待値がめちゃくちゃ上がっている新作がある。タイトルは『SR ...
2016.10.11
スポンサーリンク