動画爆愛語り

タイトルで観る洋画

知的論争エンターテインメント映画『サンキュー・スモーキング』レビュー

話術巧みなタバコ業界の腕利きPRマンの主人公は、植木等の当たり役“無責任男”のUSA版。でも内容は実に硬派。のちに『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞レース参戦のジェイソン・ライトマン監督作。
2020.02.22
タイトルで観る洋画

事故死ポール・ウォーカーの傑作アクション映画『ワイルド・バレット』レビュー

全編トップスピード! 童話的、ダークな雰囲気を湛えた傑作アクション。『ワイルド・スピード』シリーズのポール・ウォーカー主演。サム・ペキンパー、ブライアン・デ・パルマ、ウォルター・ヒルと、アクション映画の系譜も見えてくる、映画レビュー
2020.02.22
タイトルで観る洋画

UFOスポット巡りの遭遇コメディ!『宇宙人ポール』映画レビュー

『未知との遭遇』『E.T.』『2001年宇宙の旅』に続く?ネバダ州のUFOの聖地、エリア51付近で遭遇する宇宙人がなんとも可愛く見えてくる、子どもの頃のワクワクを呼び覚ますSFライトコメディ。
2020.02.22
タイトルで観る洋画

キャスト最高!コメディ役者の競演『ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して』

ブラック・ジャック、オーウェン・ウィルソン、スティーブ・マーティン。つわものコメディ役者の共演映画レビュー!原作ノンフィクション『ザ・ビッグイヤー 世界最大のバードウォッチング競技会に挑む男と鳥の狂詩曲』もおすすめ
2020.02.22
タイトルで観る洋画

才能を食い合うモンスター映画『セッション』おすすめレビュー

主人公の怪物性が開花するクライマックスに釘付け!バディ・リッチの神技ナンバー、サウンドトラック「WHIPLASH」も繰り返し聴きたくなる。流れでハナ肇も?アカデミー賞作品賞、助演男優賞ほか。監督デイミアン・チャゼル、出演マイルズ・テラー
2020.02.22
タイトルで観る洋画

ハリウッド映画のキーマン、ロジャー・コーマンについてはドキュメンタリー『コーマン帝国』で

『イージー・ライダー』のルーツはロジャー・コーマンにあり。ジャック・ニコルソン、ピーター・フォンダ、デ・ニーロ、スコセッシ、ジョナサン・デミ、ジョン・セイルズ、ロン・ハワード、コッポラ、ジェームズ・キャメロン…との関わりとは。
2020.02.18
タイトルで観る洋画

最上級の見世物映画『ゼロ・グラビティ』の怖ろしい底力レビュー

捨てカットなしの純粋SF活劇。宇宙を漂流する登場人物の一挙手一投足から少しも目が離せない。アルフォンソ・キュアロン監督、出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー。ロジャー・コーマン、ジェームズ・キャメロンと併せて考察も。
2020.02.18
タイトルで観る洋画

邦題のイマイチさが嘆かれる傑作『トゥモロー・ワールド』の長回しと音楽

CGなしの長回しシーン最高、ストーンズ、ディープ・パープル、キング・クリムゾン、ジョン・レノンと音楽も最高のSFアクション。監督は『ゼロ・クラビティ』『ROMA/ローマ』とアカデミー賞で評価されまくりのアルフォンソ・キュアロン。
2020.02.18
タイトルで観る洋画

アイコンはブルース・リー。3部作の始まり『マトリックス』を聖書で解説

世紀末に誕生、ウォシャウスキー姉弟監督がキアヌ・リーブス主演で描いた映画はキリスト生誕のシミュレーション!? 肉体の受難、その劇画的な躍動をレビュー。『リローデッド』『レボリューション』と続く3部作の始まりを解説。
2020.02.16
タイトルで観る洋画

「フランダースの犬」級の感動が涙を誘うレトロ映画『赤い風船』

『バニラ・スカイ』のキャメロン・クロウ監督も大ファンの映画。少年が赤い風船と出会って仲良しになるシンプルストーリーがたまらない。
2020.02.16
タイトルで観る洋画

面白い韓国映画おすすめレビュー『トンネル 闇に鎖された男』

祝『パラサイト 半地下の家族』アカデミー賞作品賞受賞!他にあります面白い韓国映画のレビュー。極度の閉所空間が舞台のサバイバル劇。伏線たっぷり導入5分を見逃すな!『チェイサー』『お嬢さん』のハ・ジョンウ主演。
タイトルで観る邦画

是枝裕和監督×韓国映画女優ペ・ドゥナ×ラブドール×心の映画『空気人形』

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドール受賞の是枝監督作に青春ラブファンタジー映画があります。もちろんそこは是枝作品、あとを引きます。ペ・ドゥナも魅力発揮の見どころたっぷりおすすめ映画レビュー。
2020.02.16
動画爆愛語り

『グエムル-漢江の怪物-』から見るポン・ジュノ監督の創造のインスパイア源と浦沢直樹

漫画家では浦沢直樹、古谷実、うすた京介、「HAPPY!」、「MONSTER」、「20世紀少年」「ヒミズ」「すごいよ!!マサルさん」他、さまざまなエンタメをのみ込んだポン・ジュノ監督の映画を遡るなら大ヒット作『グエムル-漢江の怪物-』がおすすめ。
タイトルで観る邦画

是枝裕和映画、原田芳雄&樹木希林が夫婦役!『歩いても 歩いても』

おすすめ是枝作品映画レビュー。生々しいほどリアルな家族論。身内ゆえに愛おしく、厄介な家族の肖像。向田邦子、成瀬巳喜男、いしだあゆみがキーパーソン。高橋和也、YOU、阿部寛、夏川結衣出演作。
2020.02.16
タイトルで観る邦画

6年育てた息子は他人の子だった。是枝裕和監督映画のおすすめ『そして父になる』の衝撃

家族とは。福山雅治とリリー・フランキーが究極の選択を突きつける。是枝映画でハズせない傑作。ンヌ国際映画祭で審査員賞受賞後、ハリウッドのドリームワーックスでのリメイクのニュースも。参考文献は奥野修司の「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年」
テーマで観る

「是枝裕和監督の映画で語れるやつ!」テーマ別おすすめ動画厳選3本レビュー

『そして父になる』『歩いても 歩いても』『空気人形』。出演者もすごい、樹木希林、原田芳雄、ペ・ドゥナ、福山雅治、リリー・フランキー。コミック原作のエロ可愛いのから、ホームドラマに、子供取り違え事件!
スポンサーリンク