読む映画リバイバル『大統領暗殺』

ブッシュ大統領が暗殺された!? 映画でも現実でも、大統領から目が離せない!

(2008年2月12日号より)

 アメリカの大統領は、映画の中でも“目が離せない存在”だ。

 たとえば戦闘機に乗ってUFOと闘ったり(『インデペンデンス・デイ』)、ハイジャック犯のテロリストをやっつけたり(『エアフォース・ワン』)、はたまた火星人に襲来され無残に殺されたり(『マーズ・アタック!』)、かと思えばベッドで愛人に暴力をふるったり(『目撃』)と、フィクションだろうと、話題に事欠かない。 “読む映画リバイバル『大統領暗殺』” の続きを読む

ネットサイト「ぐるなび」で映画評『ラサへの歩き方~祈りの2400km』がアップされています

ネットサイト「ぐるなび」の「エンタメレストラン」で、映画評『ラサへの歩き方~祈りの2400km』がアップされています。
リンクはこちら↓

ネット「dmenu映画」で『帰ってきたヒトラー』の映画評がアップされました

dmenu映画で、『帰ってきたヒトラー』について書いた記事がアップされました。
リンクはこちら↓

狂気?本気? ヒトラーをコメディ映画にする意味とは