ケトル[12年ぶりの「時効警察」入門決定版!]に寄稿しました

本日発売の雑誌「ケトル」[12年ぶりの「時効警察」入門決定版!]に寄稿しました。

『いま私たちに足りないおのは、時効警察といっても過言ではないのだ!』のタイトルで掲載です。

同誌にて、三木聡監督にもインタビュー、こちらの記事も掲載されています!

金曜ナイトドラマ「時効警察 はじめました」はテレビ朝日系列で放送中です。

第11回下北沢映画祭、終了しました!

今年もコンペティション審査員で参加した下北沢映画祭、期間中に台風通過がありましたが、無事終了しました!

グランプリ受賞作品は 、 大森 歩監督 『春』。おめでとうございます。

 

古谷一行さんのインタビュー記事が掲載です

映画『マチネの終わりに』で、クラシックギターの巨匠にして主演・福山雅治さんの30年来の恩師でもある祖父江誠一さんの役を演じた古谷一行さんにインタビューしました。

記事は発売中の雑誌、シエマスクエアにて掲載です。

『マチネの終わりに』は11月1日公開です!

映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』の劇場パンフレットに参加しました

映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』の劇場パンフレットに参加しました。

〈俳優・松重豊〉について書いてます。

『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』は本日公開です!

真利子哲也監督にインタビューしました

映画『宮本から君へ』の真利子哲也監督にインタビューしました。

[真利子哲也監督が語る映画『宮本から君へ』の“生身の感触”と“ダイレクトな生理”]と題して、サイトMovie Walkerにアップされています。

映画『宮本から君へ』は27日より公開中です!

 

 

真利子哲也監督にインタビューしました

真利子哲也監督に、「スゴすぎて吹き出してしまうホークス映画」をテーマに語っていただきました。

インタビュー記事は発売中の雑誌、DVD&動画配信データ内、連載ページ[あの人が選ぶ映画3本立てプログラム 新・三つ数えろ!]にて掲載です。

真利子哲也監督の監督作『宮本から君へ』(出演:池松壮亮、蒼井優)は9月27日公開です。

 

 

小栗旬さんのインタビュー記事を寄稿しました

小栗旬さんにインタビューさせていただきました。

[『人間失格 太宰治と3人の女たち』小栗旬 単独インタビュー]のタイトルで、以下サイトでインタビュー記事がアップされています。

シネマトゥデイ

Yahoo!映画

蜷川実花監督作『人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日公開です。

菅田将暉さんのインタビュー記事を寄稿しました

『俳優デビューから10年。菅田将暉は自らを変革し続ける』のタイトルで、菅田将暉さんのインタビュー記事を寄稿しました。

サイト、シネピックにて掲載です。

菅田将暉さん主演の’18年公開映画『生きてるだけで、愛。』はWOWWOWにて本日9/12(木)午後3:00より放映!

映画『記憶にございません!』のレビューを寄稿しました

三谷幸喜監督の新作『記憶にございません!』のレビューを寄稿いたしました。発売中のキネマ旬報9月下旬特別号にて掲載されています。

映画『記憶にございません』は9月13日公開です!

キネマ旬報特集[1990年代外国映画ベスト・テン〈私の好きな10本〉と選評]参加

特集[1990年代外国映画ベスト・テン〈私の好きな10本〉と選評]にて、選出10本と選評を寄稿しました。

発売中のキネマ旬報9月下旬特別号に掲載です。

ブルース・リーについて書かせていただきました

『ブルース・リー受容史アトランダム』のタイトルで、ブルース・リーのポップカルチャーへの影響について書かせていただきました。

本日発売の文藝別冊、『ブルース・リー 生きつづける魂』にて掲載です。

 

映画『ブラインドスポッティング』のレビューを書かせていただきました

カルロス・ロペス・エストラーダ監督作『ブラインドスポッティング』のレビューを書かせていただきました。

発売中の雑誌、QJにて掲載です。

『ブラインドスポッティング』は8月30日公開!

 

ふくだももこ監督にインタビューさせていただきました

ふくだももこ監督にインタビューさせていただきました。「やさしい世界」というテーマで映画3本を選んでいただき語ってもらってます。

発売中の雑誌、DVD&動画配信データの連載ページ、[あの人が選ぶ映画3本立てプログラム新・三つ数えろ!]にて掲載です。

オリジナル脚本で長編初監督&小説版も執筆の、ふくだももこ監督作最新作『おいしい家族』は9月20日公開です。